子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育て中にオススメの雑誌

 

子育てを始めたら、たいていの親御さんは子育てのための雑誌を購入したことがあるのではないでしょうか?

 

子育てをしていると、「これでいいのかな?」と思うことだらけですよね。

 

子供の食事やしつけ、学習など、ママにとっては心配になることばかりです。

 

誰にも相談できず、1人で抱え込んでいませんか?

 

そんな時に心の支えになってくれるのが、子育ての雑誌です。

 

でも子育ての雑誌を買いに行くと、たくさんの種類があり、何が自分に合うかよく分からないですよね?

 

育児用品や赤ちゃん・子供服の情報、育児の悩みや子育てノウハウなど、雑誌によって取り扱うテーマも様々です。

 

そこで、オススメの子育て雑誌を紹介ますね。

 

子育て雑誌で有名なのは、ベネッセの「たまごクラブ」や「ひよこクラブ」ですね。

 

これらの雑誌はテレビCMなどでもお馴染みだと思います。

 

子育て記事が多いので、初めて育児をするママには良いと思います。

 

ママの声が多いので、ママのリアルな意見が参考になると思います。

 

若いママから高齢出産であろうママまで、幅広い年代のママに対応しています。

 

その他にも以下の雑誌もお勧めでママに人気があります。

 

月刊クーヨン

 

<内容紹介>

 

0〜6歳の子育てをたのしんでいる家族や先輩家族がたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。

 

話題の発酵食レシピ、自然派医師により健康ガイド、気になる子のためのわらべうたあそびなど連載も充実です。

 

また、子育て中に知っておきたい国内外のニュースを豊富にお届け。

 

大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考えています。

 

出版社名:クレヨンハウス
発行間隔:月刊
発売日:毎月3日
定価:700円

 

kodomoe(コドモエ)

 

<内容紹介>

 

親子時間をもっと楽しみたいママへ。

 

絵本(えほん)、おもちゃ、ファッショ ン、雑貨、料理、手づくり(ハンドメイド)、おでかけなどの情報をお届けする、絵本雑誌月刊MOEから生まれた子育て情報誌です。

 

『kodomoe』の魅力のひとつは、描きおろし絵本などの豪華付録が毎号ついてくることです。

 

コウケンテツさんなどパパ・ママ人気料理研究家が、おいしい!かわいい!健康的!楽ちん!なメニューをたくさんご紹介!

 

出版社名:白泉社
発行間隔:隔月刊
発売日:奇数月7日
定価:690円

 

母の友

 

<内容紹介>

 

「母の友」は身近な気になることを取り上げ、わかりやすく問題を考えて、暮らしに生かせるヒントをお伝えします。

 

毎月の特集ページの他、日常の何気ない子どものつぶやきを捉えた「こどものひろば」やおやつの作り方を紹介する連載コラム、「ぐりとぐら」や「魔女の宅急便」といった数々の名作を生み出したお話のページ、子どもの体と健康を考えるコーナーなど、盛りだくさんの内容です。

 

出版社名:福音館書店
発行間隔:月刊
発売日:毎月3日〜5日頃
定価:545円

 

のびのび子育て

 

<内容紹介>

 

子どもの心理、子育ての不安や悩みに専門家がアドバイス!

 

豊かな家庭づくり・子育てをテーマに感性鋭い視点から提言します。

 

子育て・しつけに悩むお母さん方のよきテキストとなるとともに、親と子の豊かなふれあい・よき家族づくり・お母さんの生きがい探しなど日々の暮らしを見つめる子育て誌です。

 

主に家庭内における身近な子育て・しつけをテーマに、信頼のおける専門家の見解や親の体験談で、子育てのあり方を、分かりやすく解説・アドバイスしています。

 

出版社名:PHP研究所
発行間隔:月刊
発売日:毎月10日
定価:391円

 

かぞくのじかん

 

<内容紹介>

 

さまざまな役割りをもちながら生きるお母さん、お父さんが増えています。

 

家事をスムーズにまわす力を養い、暮らしが確かなものであれば、女性も男性にとっても、仕事が前向きになり、子どもたちと一緒に紡ぎだす暮らしも心やすらぐ、豊かなものになるでしょう。

 

幼児から児童期の子どもをもつ家族の大きな課題、「家庭生活と仕事の調和/ワークライフバランス」「子育て」「教育」を主なテーマとして毎号取り上げます。

 

また、子育てをとりまく環境をよくしたいと願うすべての人に読んでほしい雑誌です。

 

出版社名:婦人之友社
発行間隔:季刊
発売日:3,6,9,12月の5日
定価:820円

 

特別支援教育研究

 

<内容紹介>

 

特別に支援の必要な幼児・児童・生徒へのよりよい教育を推進するため、実践的な研究の向上を図る全日本特別支援教育研究連盟(全特連)の機関誌です。

 

特別支援教育の実践をよりよいものにするために最新の動向を提供したり、全国各地の教育実践の支援や交流など幅広い視点から特別支援教育を見つめ、通常の学級を含むさまざまな実践の場で、支援の必要な子どもとともに歩む方々の教育実践に役立てるよう構成しています。

 

出版社名:東洋館出版社
発行間隔:月刊
発売日:毎月28日
定価:850円

 

Baby-mo

 

<内容紹介>

 

毎日のお世話、病気の予防やケアなどの子育てハウツーはもちろん、ママとベビーのファッションやインテリア、お出かけ、パパの育児力アップ応援など、赤ちゃんのいる生活を、家族みんなで楽しむための情報満載マガジンです。

 

誕生から2才までの「たいへんだけど楽しい!」をバックアップします。

 

出版社名:主婦の友社
発行間隔:季刊
発売日:3,6,9,12月の15日
定価:650円

 

たいていの雑誌は赤ちゃんの子育てから年齢で分けられていて紹介されていますね。

 

子育てや育児の雑誌は様々な情報や口コミが掲載されていますよね。

 

子育て情報の中には何歳だとコレができるなど、一般的なことが書いてあると思います。

 

初めて子育てしている親御さんの中には自分の子供と比較する人が結構います。

 

比較して出来ないことを悩んだり、不安に思う親御さんは多いそうです。

 

子育ての雑誌は一般的な情報を書くだけで、必ず全てのお子さんが雑誌のように出来るわけではありません。

 

離乳食などもたくさん書いてありますが、雑誌の通りに作っていたら大変ですよね。

 

離乳食も時々レパートリーを雑誌の中から参考にする程度でいいと思います。

 

家族のご飯を作る途中の食材を離乳食に使うのが、一番簡単に作れて子供も家族と同じ物を食べれる喜びもあると思いますね。

 

子育ての雑誌は参考になる情報も多く、勉強にもなり、とても便利です。

 

育児の合間の息抜きにもなりますよ。

 

上手く活用して子育てを楽しいものに出来ればいいですね。

 

ちなみに、ママ向けファッションやライフスタイルについて知りたければ「nina's(ニナーズ)」や「mamagirl」がオススメです。