子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子供のしつけと体罰

 

子供のしつけに体罰があると思います。

 

子供のしつけだからといって体罰はやはり良くないと思います。

 

体罰をしてしまう親は子供のしつけに一生懸命になりすぎて、完璧を求めすぎているのではないでしょうか。

 

子供はまだ自分の気持ちや欲求を上手くコントロールはできませんよね。

 

体罰で教える子供のしつけは、親は叱るのではなく力で子供を抑えこむと言った表現の方が合っているように思います。

 

子供は怒られた事よりも体罰として、叩かれた事しか覚えていないのではないでしょうか?

 

体罰としていつも叩かれている子供は親が怒ると、又叩かれるのが怖いから
怒ったらやめるというだけで怒られている事を理解しているのとは違うそうです。

 

又、体罰も一歩間違えれば虐待に発展するのです。

 

親も言うことを聞かない子供に対して叱るのではなく、夢中で怒るうちに体罰がエスカレートして虐待までいってしまったケースも少なくありません。

 

弱い立場の弱い者に対して力ずくで覚えさせる子供のしつけは、子供の心に深い傷を負わせるのです。

 

体罰は良くないと思いますが、愛のムチとして親も人の子。

 

時には叩く事もあると思います。

 

叩かれた事のない子供は、叩くという行為の限度をしりません。

 

痛みを知らない事は怖いことですよね。

 

体罰が全て悪いとは思いません。

 

叩かれて痛みを知る事もあるのです。

 

しかし、子供のしつけは体罰で教えるのではなく、悪いことをした時は、その場で悪い理由を教え、子ども自身が自分のした行動を考えて反省させることが理想の子供のしつけだと思います。