子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子供のしつけと叩くこと

 

子供のしつけの中には、時には叩いて教える場合もありますよね。

 

叩くという行為にも、色々な意味がありますよね。

 

子供のしつけの一貫として子供が悪いことをした場合や他人に迷惑をかけたり、危ないことをした場合、食べ物で遊んでいたり、時と場合で親は子供のしつけの為に叩く行為をするのは親として当然のことだと思います。

 

私にも子供がいます。

 

子供は手加減をまだ知りません。

 

遊びのつもりで物で叩いたりしてくることがあります。

 

「物で叩いたら痛いんだよ」、「そんな事はママは嫌いだよ」など語り掛け、叩くという事がいけないことだと言う事を教えます。

 

それでもやめない時や悪いことをした時には叩きます。

 

子供は「叩く」、「叩かれる」という事は痛いことなんだと教えていきます。

 

子供も「痛いでしょ?」、「ママも痛かったよ」と伝えると「ゴメンネ」と謝ります。

 

子供は痛いと言うことをちゃんと理解してくれます。

 

子供のしつけで叩くことは時と場合によって大事な教育だと思っています。

 

しかし、叩くといっても親の気分や言えばわかるような事、あざが出来るほど叩くのは虐待になります。

 

「子供がうるさいから叩いておとなしくさせる。」

 

「泣き止まないから叩いて黙らせる。」

 

「言ったことが上手く出来ないから叩いて教える。」

 

これらの行為は子供のしつけの一貫で叩くのとは意味が違ってきます。

 

ちょっとした事で叩いてしまう親御さんは、育児に少し疲れているのではないでしょうか?

 

子供のしつけは手抜きを覚えることも必要だと思いますよ。

 

子供のしつけは親の思い通りいかないものですよ。