子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


小学生の子供のしつけ

 

昔は小学生の子供は1年生から6年生までが、公園で一緒になって遊んでいたと思います。

 

私も小さい時はお姉さんやお兄さんに遊んでもらい、自分が高学年になったら低学年の子の面倒をよく見た記憶があります。

 

年齢の違う子供達が一緒になって遊ぶことで喧嘩やルールなど遊びながら、小学生は学ぶことが出来ていた時代だったと思います。

 

今の小学生は公園で遊ぶ子供はとても少なくなっています。

 

家の中でテレビゲームなどをして遊んでいる小学生の子供がとても多いです。

 

嫌になったらいつでもリセットできるゲームの世界でしか上手く遊べなくなっている小学生も多いそうです。

 

小学生にもなれば最低限の子供のしつけとして、「挨拶」、「ウソ」、「物を大事に使う」、「他人に迷惑をかけない」、「食事のマナー」、「約束を守ること」・・・

 

様々な子供のしつけがあると思います。

 

こんな事は小学生にもなっていれば言わなくてもわかる子供のしつけばかりじゃないかと思う親御さんもいるのではないでしょうか?

 

しかし、今の小学生で基本のしつけが出来ない子供はとても多いのも事実です。

 

物にあふれている時代で欲しいものを我慢することなく、親や祖父母から与えられて物の大切さがわからない小学生はたくさんいます。

 

来客があってもちゃんと挨拶が出来ない子供もいます。

 

食事の時にフラフラしたり、片足を椅子に乗せて食べたり、箸の持ち方一つを見ても正しく箸を使っている小学生はとても少ないです。

 

子供のしつけは言葉だけではなく親とのコミュニケーションを通じて、自然に身につけていく事が子供のしつけの基本だと思います。