子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子供の病気と腹痛

 

子供の病気の中で一番多いのは腹痛ではないでしょうか?

 

腹痛の時の症状は体を前かがみにしたり、お腹を押さえたり、顔色が悪くなったり、寒気がしたりします。

 

酷い場合は嘔吐を伴う場合もありますね。

 

しかし、腹痛の症状を訴えることが出来ない年齢の子供の場合や言葉をうまく話せない乳児などは、親御さんが毎日子供の様子を観察しなければなりませんね。

 

子供が泣き叫んだり体をよじらせて痛がったり、うずくまるほどの腹痛の場合、下痢が酷い時や硬いと思うくらいお腹がパンパンに張っていて触るととても痛がる場合などはすぐに病院を受診しましょう。

 

腹痛を伴う子供の病気はたくさんあります。

 

例えば、プール熱は咳やくしゃみで感染したり、幼稚園や小学校のプールで移る子供の病気ですね。

 

毎年プール熱にかかる子供が必ずいるので、プールの前後はシャワーで体・手・目を綺麗にしましょう。

 

幼稚園や小学校の低学年に多い腹痛を伴う子供の病気で「溶連菌感染症」という病気があります。

 

この病気もくしゃみや咳から感染する病気で、春や秋に多く発症するそうです。

 

どちらも病気が治るまで時間がかかり、外出できないこともあります。

 

腹痛は食べ過ぎたり、お腹が冷えても起こりますよね。

 

また、便秘でもビックリするほど子供は痛がります。

 

便秘による腹痛の場合は腹痛の時間も短く症状が治まったら子供は元気にしています。

 

便が出れば痛みは全くなくなるのが特徴ですね。