子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子供の病気と熱

 

子供が熱を出したら親御さんはすぐに病院に連れて行く人が多いのではないでしょうか?

 

熱があっても比較的元気で機嫌もよく遊んでいる場合や食欲もあり嘔吐したり下痢もしていない場合など、子供をよく観察して、まずは病院に電話で症状を話し的確な指示をもらうことが一番だと思います。

 

病院は色んな病気にかかった人がたくさんいますよね。

 

咳をしている人もたくさんいますね。

 

熱があっても慌てて病院に連れて行かなくても大丈夫だったのに、病院でウイルスを拾って子供の病気が重くなるケースは意外と多いそうです。

 

また熱の時に解熱剤を使っていいのか迷う親御さんも多いと思います。

 

子供の熱が高くとても辛そうな場合は解熱剤を使った方がいいですね。

 

熱の出始めは寒気がします。

 

その時には暖かくして熱が高熱になってくると体中が熱くなります。

 

熱が高い時は汗をかかせた方が良いとよく言いますが、布団などは涼しくしてあげるのがベストですね。

 

高熱が続くと脳に影響があると聞いたことがありますが、熱が原因で脳に菌などが入る事はないそうです。

 

熱がとても高いから、とても重い病気と言う事も経験上ないと思います。

 

子供の熱が高くても嘔吐や痙攣などない場合、解熱剤を使わなくても大丈夫だと思います。

 

熱は体の中の菌と戦っていますよね。

 

解熱剤を使って熱が下がり子供の病気が良くなるといったことはありません。

 

高熱で汗をかき水分が減るので十分水分を摂らせて、しっかりと寝させることが、病気を早く治すコツだと思います。