子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子供の病気と発熱

 

「今日はなんだかお家でゴロゴロするな」など思っておでこを触ってみると熱があった。

 

子供が発熱した場合は、親御さんもすぐに気がつくと思います。

 

発熱は体の中でウイルスなどと戦っていると言う事は知っていると思います。

 

熱が38度を超えてくると親御さんなら心配で子供が可愛そうと思い解熱剤を使う人がいます。

 

熱が高くても機嫌が良くて水分をきちんと摂ることができている場合は、せっかく体の中で熱が戦っているのに解熱剤が熱を抑えてしまいます。

 

熱が下がった少しの間は楽になりますが、薬が切れれば又熱は上がって来ます。

 

熱の高さだけで解熱剤を使うのは良くないと思いますね。

 

また、子供の病気に慣れていない新米の親御さんは熱がある子供が寝ていても起こしてまで病院に連れて行きます。

 

嘔吐や顔色が悪くなく寝ているならわざわざ起こして体力を消耗させる事はしなくてもいいと思いますね。

 

発熱の時にはお茶や体の水分に似ているスポーツ飲料をこまめに飲ませます。

 

熱の症状で寒がったり熱がったり変化がありますね。

 

そのつど快適になるようにしてあげるのがいいですね。

 

発熱が高いからと言って高熱になってきても部屋を温めすぎるのも良くありませんね。

 

アイスノンや硬く絞ったタオルで体を冷やしてあげると子供も体が楽になりますよ。

 

顔色が悪かったり、何度も痙攣を起こしたり、嘔吐や下痢で水分が摂れない場合、半年以内の乳児の場合などはすぐに病院へ行きましょう。