子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子供の病気と高熱

 

高熱が出る病気はたくさんあります。

 

高熱が何日も続くと脳に菌やウイルスが入らないか心配ですよね。

 

高熱だからといって脳に菌やウイルスが入って、重い病気になるわけではないそうです。

 

高熱を伴う子供の病気の中で、生まれてきて一番初めに経験する病気と言えば突発性発疹ですね。

 

乳児が初めて高熱を出したら親御さんなら「あ!突発かもしれないわね」と思うのではないでしょうか。

 

突発性発疹は生後7ヶ月くらいまでに、たいてい経験する子供の病気です。

 

38度以上の高熱が3日から4日ほど続きます。

 

乳児の高熱なので解熱剤を使用する場合もありますね。

 

水分を十分に摂ることが出来ていれば、解熱剤を使用しなくても大丈夫だと思いますが、使用する場合は医師に確認をして使ってくださいね。

 

高熱が4日ほど続いた後、赤いぽつぽつが体全体に出始めます。

 

見た目は余計に悪くなったのではないかと思うかもしれませんが、ポツポツが出て熱が下がり始め治っていきますので一安心の症状なんですね。

 

高熱が出始めて嘔吐や下痢が酷い場合は、何らかのウイルスに感染していると思います。

 

インフルエンザやおたふく風邪、はしか、プール熱、溶連菌など高熱の代表的な病気ですね。

 

高熱と一緒に様々な症状が現れるので、子供の様子をしっかり観察しておくことが大切です。

 

高熱を出した時は子供も親御さんも大変ですよね。

 

子供特有のおやふく風邪や水ぼうそう、はしかなどは予防接種を受けておくと病気にかかった時も軽くすみますよ。