子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


企業における子育て支援

 

子供を持つ親御さんの中で企業における子育て支援を利用したことがある人はどれくらいいるのでしょうか?

 

子育て支援で一番利用したいものは、女性の場合は働いている時で、子供を出産する場合は産休休暇や育児休暇を取りたいですね。

 

この育児休暇は企業に働いている女性だけの子育て支援ではありません。

 

企業で働くお父さんも奥さんが出産で入院や退院後、第一子の世話をしてくれる人が誰もいない場合は、女性と同じように休暇をもらうことができます。

 

企業の子育て支援は産休休暇だけではなく育休もあります。

 

育休には、「育児休暇」と「育児休業」の2種類あります。

 

育児休暇は、休暇中に育児をすることを言います。

 

育児休業は、法律に基づいて取得できる休業制度です。

 

しかし、実際にお父さんが育休を取得するのは難しい問題だと思います。

 

休んでいる間の代替要員などの問題があり、まだまだ企業も母親が子育てをするという考えが強いように思います。

 

日本では男性の育休取得率は3%ほどと言われています。

 

厚生労働省は2020年までに男性の育休取得率を13%にする目標を掲げていますが、現状を考えるとまだまだ男性の育休取得が低いので、達成は難しいと考えられています。

 

私は第二子を出産の時は主人に育児休暇を取ってもらいました。

 

男性で育児休暇を取った人の実績がなかったので、男性で子育て支援を利用した第一号になりましたが・・・

 

子育て支援が無かったら大変だったのでとても助かりましたね。

 

また企業で働く労働時間の短縮も働く親御さんの中には希望している人がたくさんいます。

 

女性の場合、小さい子供を持つ親御さんは労働時間をもっと短い時間にしてもらいたいと思っている方がほとんどだそうです。

 

子育て支援には保育園の延長保育もありますが、家事や育児の事を考えると定時上がりは大変だと思います。

 

子育て中の女性も働きやすい企業が増えて欲しいものですね。