子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育て支援に積極的な自治体

 

将来住む場所を決める場合、子供を持つ親御さんなら子育て支援に積極的な自治体の街で生活したいと思うのではないでしょうか?

 

子育て支援は、自治体によって様々ですよね。

 

全ての自治体が子育てのための支援が同じならいいのですが、子育て支援は自治体によってかなりの違いがあるのが現状だと思います。

 

乳幼児医療費補助制度を一つとってみてもわかると思います。

 

自治体によっては支給される乳幼児の年齢も違いますね。

 

親御さんの収入の条件などによっても違っています。

 

子供が小さい時は病院にかかることがとても多いですよね。

 

乳幼児医療費補助制度は子供を持つ親御さんには、とてもありがたい制度だと思います。

 

この制度も自治体によって親御さんの自己負担がある場合と医療費の全額補助を受けれる自治体もありますね。

 

また、子育てをしている場合、保育園も自治体によって変わってきますよね。

 

延長保育がある保育園や一時預かりの保育園があるとか、子育て支援のサービスはたくさんあります。

 

各自治体も子供の数が減少しているので、子育て支援の充実を図って子供を産みやすい環境を目指しているようです。

 

3人目の子供を出産したらお祝い金がもらえたり、結婚して婚姻届を出すと記念品がもらえる自治体もありますよ。

 

子育て支援に手厚い自治体もあります。

 

日経DUALと日本経済新聞社は共同で子育てしながら働きやすい都市の調査を実施しました。

 

※調査対象

 

首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)、中京圏(愛知・岐阜・三重)、関西圏(大阪・兵庫・京都)の主要市区と全国の政令指定都市、県庁所在地の162自治体

 

<評価のポイント>

 

・認可園に入りたい人が入れているか?
・認可園の定員増に力を入れているか?
・認可外保育園などの受け皿がどのくらい用意されているか?
・ファミリーサポートセンターの充実度
・病児保育に預けやすいか?
・認可園の保育料が高いか安いか?
・都認証保育所など認可外園に通う家庭への助成があるか?
・未就学児がいる世帯へのサービス、現物支給があるか?
・学童保育が充実しているか?
・保育士確保へ自治体独自の取り組みがあるか?
・母親の再就職を後押しする制度があるか?
・未就学児の人数

 

<子育てしながら働きやすい街(東京)>

 

1位:新宿区
2位:福生市
2位:港区
4位:東大和市
5位:葛飾区
5位:荒川区
5位:千代田区
8位:品川区
8位:杉並区
10位:調布市

 

<子育てしながら働きやすい街(全国※東京を除く)>

 

1位:浦安市(千葉県)
2位:船橋市(千葉県)
3位:北九州市(福岡県)
4位:宇都宮市(栃木県)
5位:松戸市(千葉県)
6位:野田市(千葉県)
6位:新潟市(新潟県)
6位:相模原市(神奈川県)
6位:さいたま市(埼玉県)

 

以上を参考に子育て支援の手厚い自治体を選んでみてはいかがでしょうか。