子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育ての費用

 

子育てと言えば子供にかかる費用は外すことができない項目ですね。

 

妊娠して子供を授かった親御さんの中には子育ての費用がいくらくらいかかるのか不安な人もいると思います。

 

2009年から妊婦検診が14回まで無料になったので、だいぶ費用が楽になったと思います。

 

分娩費用も出産児童一時金を差し引くと入院や分娩費用は12万程度になりますね。

 

また、子育ての為の出産準備にも費用が意外にかかるものです。

 

特に初めて出産する場合は全て揃えることになりますよね。

 

知人からおさがりをもらったり自分で作ったり費用は人によって違いますが、だいたい子供用品の準備だけでも5〜8万円は必要になってくると思います。

 

子育てに必要な物はリサイクル品やネットオークション、「メルカリ」などのフリマアプリを上手に利用するといいですね。

 

赤ちゃんの子育ての費用で一番かかるものは、やっぱりオムツやミルク代だと思います。

 

母乳が出るお母さんは助かりますが、全てのお母さんが母乳が出る人ばかり
じゃありませんよね。

 

オムツも昔は布オムツを使っていましたよね。

 

でも今はほとんどが市販の紙オムツだと思います。

 

紙オムツだけで月に5,000円はかかりますね。

 

もちろん、子育ての費用は子供の年齢によっても変わってきますね。

 

子育てに慣れてくる頃には、保育園や幼稚園の費用がかかり始めますよね。

 

有名な保育園や幼稚園へ通わせたい場合は、お受験のために小さい時から塾に通わせる親御さんも多くいます。

 

また、お稽古事を習わせる場合は、月に1〜2万円ほどの費用がかかります。

 

ちなみに、水泳、英会話、ピアノ、体操、幼児教室などの習い事が、親御さんに人気があるようです。

 

特に英語の必要性を感じている親御さんが多いそうで、この中でも英会話は2人に1人は習わせたいと思う習い事だそうです。

 

一般的に子育ての費用は大学や専門学校までかかるものです。

 

あくまでも目安ですが、AIU保険「AIUの現代子育て経済考2005」によれば、出産から22年間の養育費は平均総額約1,640万円となっています。

 

また、内閣府「インターネットによる子育て費用に関する調査(2010年4月)」によれば、0歳〜6歳時にかかる年間の子育て費用は、毎年100万円前後かかる結果となっています。

 

特に家計の負担が重いのは、未就学児の保育費です。

 

子作りする前から定期預金をしたり、比較的子育ての費用の少ない子供が小さいうちに、学資保険など貯金をしておくと後で楽だと思います。