子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育て応援特別手当

 

子供を持つ親御さんには、嬉しい子育てのための生活対策として、「子育て応援特別手当」が支給されますね。

 

子育て応援特別手当てって、どんな手当てなのか知っていますか?

 

政府が長年低迷する経済状況において、複数のお子さんを抱えている世帯の子育てを支援するために作られた制度になります。

 

この子育ての為の応援特別手当は、平成20年10月30日に閣議決定しました。

 

これは毎月もらえる子育て手当てではなく、平成20年度1回だけの生活対策です。

 

子育て応援特別手当の内容は、平成20年の時点で平成14年4月2日から平成17年4月1日までの第2子の子供からが対象になります。

 

対象に当たる子供を持つ親御さんに1人36,000円が支給されます。

 

なので、3人の子供をもつ親御さんで2人目と3人目が対象になる場合、72,000円が支給されるというわけですね。

 

対象にあたる家庭の親御さんはとても助かりますね。

 

保育園や幼稚園に通っている子供さんがほとんどだと思います。

 

子育て応援特別手当は注意点がありますよ。

 

それは自分で申請をしないともらえないと言う事ですね。

 

申請期間は半年間なので忘れないように申請をしないと辞退扱いになるそうです。

 

もらえる資格はあるのに申請せずもらい損ねる事のないように、気をつけないといけませんね。

 

また、子育て応援特別手当を支給される親御さんでも、定額給付金はきちんともらえるそうなので、どちらか1つしかもらえないなんて事はありませんよ。

 

ちなみに、定額給付金は景気低迷で、国民への生活支援を行うことを目的として制定されました。

 

平成21年2月1日で住民票登録してある国民か、外国人登録原票に登録されている人が対象です。

 

給付対象者1人につき12,000円(18歳以下と65歳以上には20,000円)を支給してもらえます。

 

不景気の時代なので子育ての手当ては大きいですよね。

 

自分の子供は対象なのか、調べておくといいですね。