子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育て支援ローン

 

子育て支援ローンという言葉を聞いたことがありますか?

 

知らない人も多いのではないでしょうか。

 

実際に子育て支援ローンを利用している人はあまり多くないようです。

 

この子育て支援ローンの代表は、国の子育て支援ローンですね。

 

国の支援ローンの特徴は、無担保で借りれて低めの固定金利です。

 

1人200万円までしか借りられませんが、無担保で借りられるのは嬉しいですよね。

 

子育中にローンを組むことは大変ですよね。

 

できるだけ低金利で借りれる支援ローンを見つけることがポイントだと思います。

 

また、子育ての支援ローンは色々な銀行や金融機関でも取り扱っている商品ですよね。

 

大学を卒業するまでの子供を持つ親御さんが、子育てに必要な費用として支援ローンを利用する事ができます。

 

民間の場合、支援ローンは300万円以下の借り入れで、最長10年以内に返済する子育て支援ローンになります。

 

子育て支援ローンの利用方法は、高校や大学などの入学金や授業料、予備校や塾の費用になります。

 

家庭教師や出産費用、就学用住居の敷金や礼金、家賃など、子育てに関係する資金として支援ローンを組むことができるものです。

 

民間の子育て支援ローンはどこを選んでいいのか迷うところだと思います。

 

様々な金融機関で支援ローンのキャンペーンなどがあるので、金利が低い商品を選ぶことが一番ですよね。

 

固定金利や変動金利もチェックする必要がありますよね。

 

少し金利は高くなりますが固定金利は金利が変わらないので、安心できるメリットがありますね。

 

2017年度の税制改正で、フラット35に「フラット35子育て支援型」が登場しました。

 

これは、子育て世帯が住宅購入時に「フラット35」による借り入れをする時に、一定期間の金利を引き下げる制度です。

 

フラット35の優遇制度になります。

 

他の優遇制度である「フラット35S」、「フラット35リノベ」との併用もできます。

 

金利は当初5年間、−0.25%となっています。

 

国土交通省住宅局の調査によれば、約6割の子育て世帯が「持家戸建て」を希望、約2割の子育て世帯が「持家マンション」を希望していることがわかっています。

 

長引く景気低迷による平均年収の低下や物件価格の上昇などにより、「フラット35子育て支援型」が導入されました。

 

お子さんがいて将来持ち家を希望している方は、利用されるといいでしょう。

 

ただし、お住まいの地域の地方公共団体が取り扱っていないと利用できないので注意が必要です。

 

また、予算枠が決まっていて、予算枠に達してしまえば利用できなくなるので、できるだけ早く申込んだ方がいいでしょう。