子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


新生児の子育て

 

出産後に生まれたばかりの赤ちゃんは新生児と呼ばれています。

 

世界保健機構(WHO)によれば、生後28日未満の赤ちゃんを新生児と呼ぶそうです。

 

新生児は体重が減少することがあります。

 

これを「生理的体重減少」と言います。

 

生後2〜5日までに3〜10%ほどの体重が減っていくと言われています。

 

ですが、生後7日頃には出生体重に戻るので心配はいりません。

 

また、生まれてから3〜7日に赤ちゃんの全身が黄色く染まる「生理的黄疸」といった症状が出ることがあります。

 

通常、2週間程度で落ち着きますので、これも心配はいりません。

 

ただし、赤ちゃんを母乳で育てている場合、黄疸が長引くことがあります。

 

これは「母乳性黄疸」と呼ばれる症状です。

 

母乳生黄疸は生後1ヶ月程度続く場合があります。

 

赤ちゃんが元気で他に変わった様子がなければ自然に治まると言われています。

 

もしこれ以上黄疸が続くようであれば医師の診断を受けましょう。

 

新生児の子育てで一番初めにすることは授乳だと思います。

 

母乳で育てる為にお母さんも一生懸命痛いのを我慢しておっぱいのマッサージをしたり、母乳の出が良くなるように頑張っていると思います。

 

新生児の赤ちゃんもおっぱいを上手く吸える子と吸えない子がいます。

 

たくさん飲んでいるように見えても上手く飲めていなかったり、お腹いっぱいで寝たのかと思っていたら、吸うのに疲れて寝てしまっただけの新生児もいます。

 

でも新生児の場合は、お母さんも授乳に慣れてくるまでは、とにかく泣いたらおっぱいを吸わせる事を繰り返して下さい。

 

おっぱいの出が悪くて悩んでいるお母さんはたくさんいます。

 

でも、大丈夫!

 

絶対おっぱいは出てきますよ。

 

新生児に吸われる事でホルモンが刺激されて、少しずつ母乳が出てくるようになります。

 

母乳を出すというホルモンは産後のダイエット効果もあります。

 

うまく吸えない新生児も何度も吸ううちに上手におっぱいが飲めるようになってきます。

 

1ヵ月頑張っておっぱいを吸わせれば母乳は出るようになりますよ。

 

しかし、新生児でも吸い付く力は強くおっぱいが切れてしまったりする場合もあるので、もし切れてしまったら婦人科で塗り薬をもらってくださいね。

 

また母乳が出なくてミルクでもお母さん失格なんて思う必要はありませんよ。

 

母乳でもミルクでもお母さんの愛情は同じです。

 

授乳させた後にげっぷが出ないこともあると思います。

 

まだ授乳になれていない新生児の赤ちゃんは、ミルクと一緒に空気も飲み込んでしまいます。

 

空気がお腹にいっぱい溜まると、お腹が張ってぐずったり、吐き戻しの原因となります。

 

なので、授乳の後はげっぷを出してあげましょう。

 

げっぷの出方には個人差があります。

 

げっぷが出ないからと言って、むやみに不安になる必要はありません。

 

ミルクを良く飲み、お腹の張りもなく、おならをしているような場合は、心配ないと思います。

 

この時期は赤ちゃんが空気をたくさん飲み込まない工夫が必要です。

 

<授乳のポイント>

 

1.哺乳瓶の乳首はしっかりと奥まで加えさせましょう。

 

2.授乳の途中でこまめに休憩させてあげましょう。

 

また赤ちゃんが泣いている時に空気を飲み込んでしまうこともありますね。

 

首がすわるまではげっぷをしているか気をつけてよく見てあげましょう。

 

<げっぷを出させる方法>

 

1.赤ちゃんを縦抱きにして、お母さんの肩にもたれかけるようにして抱き上げます。

 

もしくは膝の上に座らせてみるのもオススメです。

 

2.背中を下から上になでたり、軽くトントンと叩いてあげましょう。

 

この時赤ちゃんの背中が丸くならずに伸びた姿勢にするように、お母さんが少し上体を反らすようにするのがポイントです。

 

赤ちゃんを寝かせる時は落ち着くまで縦抱きで寝かせるといいでしょう。

 

布団に寝かせる時には吐き戻しを防ぐため、布団の下にバスタオルを入れるなど、上体を少し高くして寝かせて顔を横向きにするといいでしょう。

 

出産で疲れて体も休む暇なく子育てと授乳でお母さんは大変ですが、赤ちゃんが泣いたら話しかけていると思って、ゆったりとした気持ちで子育てを楽しんでくださいね。

 

この時期はマタニティーブルーなど気分が憂鬱になる場合もあります。

 

その時は気持ちを楽に持ってください。

 

少しの間赤ちゃんを泣かせていても大丈夫です。

 

泣くことは肺の運動になり新生児には必要な事です。

 

新生児の時期はあっという間です。

 

泣いているだけの新生児もすぐに笑うようになり、子育てにも慣れて楽しくなってきますよ。