子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


2歳児の子育て

 

2歳児の子育てはとても大変な時期だと思います。

 

「魔の2歳児育児」とも言われていて、苦痛や限界を感じているママやパパも多いのではないでしょうか。

 

私の子供も今2歳ですが、やっかいな時期ですね。

 

2歳になると赤ちゃんの頃よりも1人の人間として人格が形成されてきます。

 

2歳児の子供は自我が芽生えて「自分がしたい」という気持ちがとても強くなります。

 

でも何事も自分が思うようにはできませんね。

 

なので手伝おうとすると2歳児の子供はとても怒ります。

 

何をしても「イヤイヤ」を連発するようになり、2歳児の親御さんは手に負えないといった経験が少なからずあると思います。

 

2歳児で反抗しない方が逆に心配だと思います。

 

自我が出てくる時期に自分の感情を上手く出すことができない子供は、いきなり怒り出したり、叩いたりするようになってしまいます。

 

本当は家庭の中こそ自分を表現できる場所なのですが、親が厳しいとかスキンシップが全くない場合は親の目を気にして良い子にしていますが、自分の気持ちは我慢しているんですね。

 

我慢には限界があります。

 

2歳児の子育ての中で自我を出せるようにするには、やはり親子のスキンシップが大事なことだと思いますね。

 

2歳児の子育てはコミュニケーションもスキンシップもたくさんとる時期だと思うので、親御さんは子供のすることやしたいことに関心を持って発育を応援してあげたいものですね。

 

子育ての中には、忙しい時間などどうしても相手できない時があります。

 

その場合は「もうちょっと待ってね」と一声かけて、子供が納得しなくて泣いたり怒ったりしてても「待つ」という我慢を覚えます。

 

手が空いたら一緒に遊んであげれば、子供は満足してくれますよ。

 

2歳児の子供のしかり方で悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか。

 

2歳〜3歳は子供に命令せずにお願いをすると命じた時に効果があります。

 

もしお片付けができない子供がいたとします。

 

そんな時は、「片付けてくれると嬉しいな」と言ってみましょう。

 

子供は小さいな時から、親が命じていると言うことを聞かなくなります。

 

2歳頃からお願いをすると、それを聞き入れるようになります。

 

「親の命令に子供は従うもの」だと思っていると強く命じてしまうようになります。

 

すると、子供が言うことを聞かないとどんどん命じ方がエスカレートしていきます。

 

そうなれば子供も余計に反発します。

 

2歳頃から穏やかに接した方が、重要な場面で叱った時に効果があります。

 

普段から怒ったり、怒鳴ったりしていると言うことを聞かなくなります。

 

たまに怒った方が子供は一発で聞くようになります。

 

また、子供に父親が怖いと教えるのは良くありません。

 

子供を恐れさせてはいけません。

 

子供にとって親は社会の窓口です。

 

「父親を怖がる」=「社会を怖がる」となります。

 

2歳頃からしかり方や接し方を間違えると、しつけで苦労するので、正しい方法で子育てを行いましょう。