子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


赤ちゃんの子育て

 

赤ちゃんの子育ては、何かと気を使いますよね。

 

まだ赤ちゃんが生まれたばかりだと、母親は風邪ひかせないようにしたり、
部屋の換気や肌着など注意していると思います。

 

特に夏や冬に生まれてくる赤ちゃんの場合、過ごしやすい環境に保つのも大変ですね。

 

赤ちゃんの子育ての中で一番初めに気になる事といえば、抜け毛ではないでしょうか?

 

後頭部が禿げてきてしまい大丈夫かと悩んでいる親御さんもいるかもしれませんね。

 

赤ちゃんの抜け毛は髪の毛が新しく生え変わる時期があるので、心配することはないと思います。

 

私の子供も後頭部が禿げてました。

 

赤ちゃんの夜泣きも親御さんにとっては辛いものだと思います。

 

子育てで疲れて赤ちゃんと一緒に眠りたいのに、夜泣きが始まると何をしても泣き止まず、苦労している母親はたくさんいます。

 

赤ちゃんの夜泣きの原因は決まっていないので、みなさん様々な自分の方法で夜泣きと付き合っているようです。

 

ミルクを飲ませたりオムツを替えたり抱っこしたり、夜中に散歩に出る母親もいます。

 

夜泣きの時期は本当に大変ですがずっと続くものではありません。

 

子育ての中のほんの一瞬です。

 

また昼間に強い刺激を与えないように配慮する方がいいと思います。

 

私の場合は赤ちゃんが夜泣きを始めたら優しく抱き上げて、心臓の音を聞かせると落ち着いた覚えがありますよ。

 

赤ちゃんの授乳もお母さんは身体を休める暇もなく大変ですね。

 

赤ちゃんに母乳をあげている人の場合は、赤ちゃんが飲む量を気にすることはなく、飲みたいだけあげてください。

 

ミルクの場合は腹持ちがいいので、最低でも2〜3時間は間を空けて下さいね。

 

授乳する時に吐いたり、授乳を終えてげっぷをさせると吐いてしまうこともありますね。

 

毎日のように吐くことが続いてしまうと、どこか悪いのではないかと心配になりますよね。

 

まずは赤ちゃんの様子をよく観察して下さい。

 

母乳やミルクをよく飲んでいるか、尿や便はよく出ているかなど、いつもと様子がかわらないかを確認しましょう。

 

赤ちゃんの胃はまだ未発達です。

 

未熟なので吐きやすい傾向にあります。

 

赤ちゃんが吐いた後に元気でケロッとしてたり、体重が増えている場合は心配いりません。

 

また、この時期は母乳やミルクを与えた分だけ飲んでしまうので、飲み過ぎて吐いている場合もよくあります。

 

そこで、赤ちゃんがよく吐いてしまう時の対処法を紹介しますね。

 

赤ちゃんを寝かせる時は、バスタオルで押さえて横向きに寝かせましょう。

 

もしくは布団の下にバスタオルを入れ、上半身が高くなるように傾斜をつけて寝かせましょう。

 

多くの場合は成長と共に吐くことは少なくなります。

 

赤ちゃんが毎回激しく吐いたり、体重が増えない場合は、医師の診察が必要になります。

 

他にも心配がある場合は、1ヶ月健診で相談しましょう。