子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


双子の子育て

 

私は二人姉妹で姉妹の仲はとてもいいのですが、私の双子の友達は本当に仲が良くて姉妹であるのと同時に良い友達やライバルにもなっているそうです。

 

街中で双子の赤ちゃんを見かけると、なんだか羨ましくも思いますね。

 

でも実際育てるとなるとやっぱり大変だと思います。

 

子育ては一人でも大変なのに、同時に二人のお世話をするのは本当に苦労が多いと思います。

 

双子の子育てをしている親御さんは、2倍の子育ての大変さと2倍の子育ての楽しさを体験できる環境にいると思います。

 

双子の子育ての中で一番大変なことは、やはり同時に同じものが必要になる事ではないでしょうか?

 

ベッド、洋服、肌着、オムツ、ミルク、哺乳瓶など単純に全て2倍になりますね。

 

同時に寝てくれなくて、1人が泣いたらもう1人も泣き出したりして、休む暇がありません。

 

そんな親御さんのために「双生児家庭育児支援事業」というものがあるのを
ご存知ですか?

 

この事業は公益社団法人全国保育サービス協会が行っています。

 

双生児など多胎児の保育を行う保護者が、リフレッシュのためにベビーシッターを利用した場合、1日につき9,000円(三つ子以上は18 ,000円)の補助が受けられる制度です。

 

ただし、親が勤めている会社が全国保育サービス協会と連携している必要があります。

 

育児補助は割引券を発行するという形になります。

 

割引券を発行してもらうには、会社が協会に対して割引券使用の承認手続きをしている必要があります。

 

この割引券は使用回数に制限があり、1日1枚まで年度内2枚まで使うことができます。

 

ただし、一人親であったり、要介護認定を受けた家族がいるなど、特別な事情がある場合は年度内4枚まで使用できます。

 

ちなみに、ベビーシッターの料金の相場は1時間2,000〜3,000円ほどです。

 

4時間お願いすると1万円を超えることもあります。

 

割引があると嬉しいですね。

 

他にも育児支援制度は数多くあるそうなので、積極的に利用するといいでしょう。

 

市区町村の役場や保健センター、産婦人科などで聞いてみると思わぬサービスが見つかるかもしれませんよ。

 

この他にも「日本多胎支援協会(JAMBA)」というものがあります。

 

日本多胎支援協会とは?

 

多胎児の妊娠・出産は、単胎と比べてさまざまな点でリスクが高い上、同じ年齢の複数児を同時に育てるという困難さがあります。

 

また、多胎に必要なケアや指導、あるいは情報やサポートが与えられていない場合は、虐待等の深刻な事態に陥るケースもあります。

 

こうした多胎をとりまく状況を改善し、地域社会の福祉の向上に寄与することを目的として、平成22年2月22日に、当事者・専門職・研究者が理事となって発足したのが「一般社団法人日本多胎支援協会(JAMBA:Japan Multiple Births Association)」です。

 

日本多胎支援協会のHPより引用

 

<主な活動内容>

 

・多胎育児や多胎育児支援に関する全国調査や研究。
・全国研修会の開催。
・子育て支援者向け研修会プログラムの開発、普及。
・多胎育児支援に役立つガイドラインやハンドブックの作成。
・JAMBA NEWS の発行。
・ホームページによる情報発信。
・Twin’s weekやツインズデーの啓発。
・学会への参加。
・「国際多胎支援組織協議会」への参加。

 

利用するには会員になる必要があります。

 

会員には、正会員と賛助会員があります。

 

正会員は年会費10,000円です。

 

賛助会員の多胎家庭個人会員は一口3,000円で一口以上で会員になれます。

 

一般社団法人 日本多胎支援協会

 

双子の子育てをしているママなら、「1人育児ならよかったのに・・・」と一度は考えたことはありませんか。

 

でも、双子の子育ての悩みも1人育児の場合と同じであることが多いそうです。

 

双子の子育てに悩んだら一人で抱え込まないことです。

 

旦那さんや両親、ママ友など心を許せる人にとにかく話を聞いてもらうだけでも気持ちが軽くなりますよ。

 

双子の子育ては思っている以上に大変です。

 

しかし、その大変さにもやがて終わりがきます。

 

育児や家事は全て完璧である必要はありません。

 

手を抜けるところは抜いて、旦那さんにはなるべく協力してもらいましょう。

 

入浴は旦那さんに任せてママは赤ちゃんがお風呂から出てきた後のお世話に専念するなど、夫婦で役割分担するといいでしょう。

 

不安や悩みを抱えたら早めに解消して、ストレスを溜め込まないようにしましょう。

 

また、双子の子供が学校に入って一緒のクラスになるとは限りませんよね。

 

別々になれば友達も一気に増え親御さん付き合いも大変だと思います。

 

しかし、同じクラスになるといつも双子で一緒にいて、仲の良い友達がなかなか作れないといった意見もあるそうです。

 

双子でも性格は違い、仲の良い双子もいれば喧嘩ばかりしている双子もいます。

 

双子の子育てで大変なのは小さい頃だけで、ある程度大きくなってくると二人で遊んでくれるし、お互いが刺激をし合って良いライバルになるそうです。

 

双子の子育てをしている親御さんが気をつけた事で一番多かったのが、双子だからといって比べないこと、双子それぞれの個性を活かすことだそうです。

 

双子だからといって見た目は一緒でも内面や性格は別人ですよね。

 

双子の親御さんで子供に同じ服を着せている人もいますよね。

 

小さい頃は良いと思いますが、子供の自立や主張がハッキリしてきたら、子供の個性を大事にしてあげたいものですね。

 

双子の育児に関する本もあるので、参考にしてみるといいでしょう。

 

最新版 双子&三つ子ママの妊娠・出産・育児

 

最新版 双子&三つ子ママの妊娠・出産・育児 (たまひよ新・基本シリーズ α)

新品価格
¥1,620から
(2018/3/8 23:31時点)

 

この1冊で安心! 双子育児の乗りこえ方―乳児期から3歳までのお悩み相談Q&A

 

この1冊で安心! 双子育児の乗りこえ方―乳児期から3歳までのお悩み相談Q&A―

新品価格
¥1,512から
(2018/3/8 23:31時点)