子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


ハーフの子育て

 

国際結婚をされて片方が日本人でもう片方が外国人の親の場合、ハーフの子供が生まれますね。

 

ハーフの子育てをしている家庭にも様々な環境があります。

 

外国で生活をしている場合や、日本で生活している場合、いずれは日本に帰る予定の場合、外国に転勤や移住する場合など、ハーフの子育てといっても色々な環境があります。

 

ハーフでも日本人でも子育てに大きな違いはありません。

 

しかし、ハーフの子育ての一番の問題は言語だと思います。

 

言葉の問題では、子供より親御さんの方が苦労している家庭も多いと聞いたことがあります。

 

ハーフの子育てをしている家庭では平日は現地の学校に通わせて、休みの日などに日本語の学校に通わせる人も多いそうです。

 

ハーフの子育ての場合、どちらか一方だけの言葉だと生活しにくい場合があると思います。

 

現地の言葉は毎日の生活の中から自然に覚えるそうなので、現地に住んでいるハーフの子供には日本語を覚えさせることも重要になってくると思います。

 

現地で生まれて育っていくにしても、やっぱり自分の母国語である日本語を話せるようになって欲しいですよね。

 

日本語も教えてバイリンガルに育てたいと思っている親御さんが多いのではないでしょうか。

 

日本にいれば日本語を話すように、外国にいれば現地の言葉は必要になってきますね。

 

子供は比較的早く現地の言葉を覚えるそうです。

 

例えばアメリカで生まれて生活している子供の中には完璧な日本語と英語を話すバイリンガルの子供もいれば、英語しか出来ない子供もいるそうです。

 

特に子供が小学校へ行き始めれば、英語を話す時間が長くなるので、自然に英語が強くなっていく事をよく耳にします。

 

バイリンガルの育て方で悩んでいる親も多いそうですね。

 

子供をバイリンガルに出来るかどうかは、本人の頑張りと親の根気強さにかかっていると言えるんじゃないですかね。

 

バイリンガルの子育て方法は家庭によって様々です。

 

どのようにすればバイリンガルになるのか正解はありませんが、いくつかの教育方法があるようです。

 

日本語と英語のバイリンガルに育てる場合は、日本人の親が子供に日本語のみで話すようにします。

 

日本語の方が難しいので、特に現地に住んでいるのであれば、子供が小さいうちは日本語を重点的に教えてあげた方がいいと思います。

 

日本語の本の音読したり、写本をさせたりします。

 

現地に補習校がある場合は、そこで日本の学校教育を受けることができます。

 

補習校で日本人のお友達が出来れば、そのお友達と日本語で会話するので、自然と日本語を聞き、話す事も多くなり、上達が早くなるそうです。

 

補習校がない場合は、現地の学校が休みになる度に、日本の学校に通わせる方法もあります。

 

日本で生活している場合は、日本の幼稚園や小学校へ通わせて日本語を学ばせ、現地の英語の教科書を取り寄せて親が教えるという方法もあります。

 

もちろん、経済的に余裕があればインターナショナルスクールに通わせるという方法もあります。

 

どちらに住んでいるにしても小さな時から日本語と英語の本を読むことが大事だそうです。

 

本から学んだ言葉や知識は大きそうです。

 

バイリンガルの子育てで注意しないといけないのは、どちらの言語も不十分な「ハーフリンガル」の子供になってしまうことです。

 

それを避けるために、現地に住んでいる時は第1言語は現地語にして、日本語は第2言語という位置づけにするといいそうです。

 

日本でハーフの子供を育てる時は、その見た目から学校でいじめの対象になったり、偏見の目で見られるといった問題もあります。

 

日本ではハーフの子供は珍しいってこともあって、ハーフに対する偏見は根深く残っているそうです。

 

ハーフの子供でも日本での生活が長いと日本語しか話せないこともあります。

 

ハーフの子供は全員が英語を話せるわけではありません。

 

それなのに、英語の授業では学校の先生から、「お手本を言って」などと言われて、出来ないと周囲からガッカリされたりして、傷つくこともあるそうです。

 

また、生活習慣なども日本と海外では大きく変わります。

 

どちらの習慣が良くてということはないので、日本の習慣も現地の習慣も同じように覚えておくのがいいと思います。

 

海外は日本と違って子供に対するしつけなども異なります。

 

それぞれの国の良い文化や習慣を知ることが出来ることは、ハーフの子育ての素晴らしいポイントではないでしょうか。

 

ハーフだから子育てに問題があると言う事は少ないと思います。