子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


思春期の子育て

 

子育てをしていけば、おのずと子供も大きくなり思春期を向かえるようになりますね。

 

一般的に12歳〜17歳頃までが思春期です。

 

この頃は子供脳から大人脳へと切り替わる時期になります。

 

思春期になると荒れるとか、言うことを聞かないなど悩みも多くあると思います。

 

思春期は心と体の変化に敏感な年齢だと思います。

 

思春期になれば今までは親の言う事などよく聞いていた子供でも自分の考え方、価値観やしたいことなどを主張するようになり、親の思うようにはいかなくなりますね。

 

子供が素直に親の言うことを聞かなくなれば思春期の始まりです。

 

思春期はホルモンバランスの変化によってイライラしやすくなります。

 

思春期は成長の過程として親は見守る姿勢が大事です。

 

思春期の子育ては大変ですが、親は何があっても動じないという態度で接しましょう。

 

男の子の場合は父親が、女の子の場合は母親が、というようになるべく同性の大人がサポートするようにしましょう。

 

離婚していてシングルマザーやシングルファーザーの場合は、両親や兄弟、姉妹、親せきの人などにサポートをお願いしましょう。

 

身近に信頼できる同性の大人がいると、子供は安心します。

 

決して親だけでなんとかしようなどとは思う必要はありません。

 

思春期は家族や夫婦の団結力も必要になります。

 

思春期に入る前にしっかりと子供とコミュニケーションを取っていれば、そこまで荒れるような感じにはなりません。

 

思春期は子供自身もとても戸惑っている時期でもあります。

 

親に八つ当たりしながらも心のどこかで「ごめんね」と思っています。

 

「本当のあなたのことは知っているのよ」という感じで、親はドンと構えておきましょう。

 

思春期の子供の心の中は、「自分はもう大人のつもりなんだ」という気持ちが強いと思います。

 

異性に対してもはるかに今までとは違う恋愛感情を抱けるようになりますね。

 

もちろん私にも思春期がありましたよ。

 

「自分は自分!」、「誰にも命令されたくない!」、「親とは違う!」って反発していました。

 

心が大人になるのには、身体の変化も大きく関わってくると思います。

 

男の子は声変わりをして身長もいっきに伸びますね。

 

見た目も男らしくたくましくなります。

 

女の子はとても女らしい体つきに変わり生理も始まり、女性として子供を授かることの出来る身体になりますね。

 

思春期に入ったらきちんと性の話をする方がいいと思います。

 

私の子供にはきちんと話しましたよ。

 

子供なりに理解があるのとないのでは全然違うと思います。

 

また、思春期は子供が自分で考えて行動し、責任を取る時期でもあります。

 

親はそれを応援してあげることがとても大事ですね。

 

思春期の子供は反発して自分で行動をして失敗しながら経験を増やしていくと思うのですが、失敗も自分で責任を持って対処するように親も甘やかさずケジメをつける必要があると思います。

 

思春期に母親が「クソババァ」と言われたら子育てが成功した証です。

 

思春期は価値観など自分が出来る期間です。

 

その時期に親が介入すると子供は自分を守るために、これ以上言われたくないから「クソババァ」という言葉で反抗します。

 

「うっせえ」、「別に」、「まぁまぁ」、「クソババァ」などは俗に思春期言葉などとも言われていますが、子供がこのような言葉を発すると自我が芽生えてきたというサインになります。

 

なので、子供にこのような言葉を言われても傷つく必要はありません。

 

もし、親は言葉使いが嫌だったら言葉使いについて注意してあげるといいでしょう。

 

ただ、子供から「クソババァ」という言葉が出るということは、親が過干渉になっている状態でもあります。

 

思春期の子育ては非常に難しい時期でもあります。

 

今までは親の言うとおりに生きてきた子供も、親の言うことは違うんではないかと思い始める時期です。

 

思春期は親が色々言っても子供に伝わりません。

 

むしろ、それは違うと思ってしまう時期なので、無理に親の言うことを聞かせようとしても上手くいきません。

 

もし、子供にとって絶対的に強い立場の人がいれば押さえつけることはできますが、そんなことをしても根に持って逆に悪い方向へと行ってしまいます。

 

なので、そのような方法は使わない方がいいと思います。

 

思春期はあまり神経質にならずに子供の様子を見守ってあげましょう。

 

少しほったらかしにしておく程度でもいいと思います。

 

何かを失敗してもその失敗から学んでいきます。

 

思春期の子育てに悩んでいる時は以下の本も参考にして下さいね。

 

思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33

 

思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33 (小学館新書)

新品価格
¥756から
(2018/3/10 23:24時点)

 

「思春期男子」の見守り方

 

「思春期男子」の見守り方 (PHP文庫)

新品価格
¥648から
(2018/3/10 23:27時点)

 

思春期の女の子の育て方

 

思春期の女の子の育て方

新品価格
¥1,620から
(2018/3/10 23:28時点)

 

思春期の子が待っている親のひと言 心が見えてくる魔法のコミュニケーション

 

思春期の子が待っている親のひと言 心が見えてくる魔法のコミュニケーション

中古価格
¥1から
(2018/3/10 23:29時点)