子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


共働きの子育て

 

共働きで子育てを頑張っている方は、昔に比べたら多くなっていると思います。

 

お母さんが専業主婦の子育てと共働きの子育ての違いは何でしょうか?

 

一番は子供と接する時間が少ないか多いかの違いですよね。

 

どちらも子育てや家事がまともに出来ないほど仕事に熱中してしまうのは良くないと思います。

 

子供はいつも忙しい親を見て育ち、言いたい事や悩みなどがあってもいつも話を聞いてもらえない、親子のスキンシップもないような状態が続くと子育てに悪影響を及ぼすこともあります。

 

子供は自分の気持ちを表すことをやめてしまい、気がついたら心を閉ざしてしまっていたなんて話もあるそうです。

 

共働きの子育て方法で悩んだら、以下の本を参考にして下さいね。

 

働くお母さんの子どもを伸ばす育て方

 

働くお母さんの子どもを伸ばす育て方

中古価格
¥1,200から
(2018/3/14 17:25時点)

 

もう一つ共働き夫婦で大事なことが家事、育児の分担ではないでしょうか?

 

家事、育児の分担を夫4:妻6など決めている共働きの夫婦もいると思います。

 

実家の支援が受けられずに誰にも家事、育児の協力をしてもらえない環境にいる場合、片方の負担が大きくなり衝突も増えてしまいますよね。

 

周囲から支援が受けられない場合は、家事代行サービスなども利用して少しでも負担を減らせる環境を作りましょう。

 

家事代行サービスの「キャットハンド」なら業界最安水準の1時間1,980円で利用できるため、共働き世帯にとても人気があります。

 

今なら初回2.5時間お試しプランが無料で利用できるので、試してみてはどうでしょうか。

 

定期的に利用することで普段の掃除を簡単に済ませることができるようにもなりますよ。

 

家事の負担が減るだけでも肉体的、精神的に楽になりますよ。

 

>>>キャットハンドの公式サイトはコチラ!<<<

 

また、共働きで子育てをしていくには、お勤め先の協力も欠かせないことですよね。

 

ちなみに、共働きで子育てしやすい企業ランキングが発表されています。

 

約7800社から選ばれた上位50社が得点とともに公開されています。

 

1位:SCSK(122点)

2位:丸井グループ(110点)
3位:ピジョン(100点)
4位:サントリーホールディングス(98点)
5位:アメリカンファミリー生命保険(96点)
6位:NTTコミュニケーションズ(95点)
6位:積水ハウス(95点)
8位:大同生命保険(93点)
9位:朝日生命保険(92点)
10位:セイコーエプソン(89点)
10位:住友生命保険(89点)
12位:日本生命(83点)
12位:群馬銀行(83点)
14位:三井住友銀行(82点)
14位:東日本電信電話(82点)
16位:富士電機(81点)
16位:JXTGエネルギー(81点)

18位:北都銀行(78点)
19位:明治安田生命(77点)
19:オリックス(77点)
21位:全日本空輸(75点)
22位:ビースタイル(74点)
23位:日本HP(68点)
24位:川崎重工業(66点)
25位:昭和電工(62点)
26位:DACグループ(59点)
27位:旭化成(58点)
27位:トヨタファイナンス(58点)
29位:雪印メグミルク(57点)
30位:住友化学(56点)
31位:ワークアプリケーションズ(54点)
32位:かんぽ生命保険(52点)
33位:サッポロビール(50点)

34位:ポピンズ(49点)
34位:ダノンジャパン(49点)
36位:スープストック東京(48点)
37位:楽天(46点)
38位:フィナンシャル・エージェンシー(44点)
38位:川崎信用金庫(44点)
40位:アルペン(42点)
41位:メンバーズ(41点)
41位:スタイル・エッジ(41点)
43位:フィリプモリスジャパン(35点)
44位:エバーセンス(34点)
45位:プリンシプル(32点)
46位:ショーケース・ティービー(28点)
47位:コイズミ照明(27点)
47位:ヒルトン・グランド・バケーションズ(27点)
49位:クレイジー(15点)

50位:メディプラス(10点)

 

将来、結婚して共働きで子育てをした場合は、このランキングを参考にして下さいね。

 

このランキングで最も重要視されているのは、「性別に関係なく育児中社員を支援する施策が用意され、キャリア推進できているか」という点です。

 

もちろん、仕事と育児を両立しやすい企業を評価する際には様々な視点があります。

 

このランキングでは特に「男女が等しい立場で仕事にも育児にも携わることができる」という点に注目しています。

 

また、共働きで子育てする場合は、自治体の子育て支援が充実している地域に住むことも大切ですね。

 

認可保育園や学童保育、ファミリーサポートセンターなどの共働きをする際に必要になる施設の充実度を調べましょう。

 

ちなみに、2017年度の共働きで子育てしやすい街ランキングは以下の通りです。

 

1位:豊島区(67点)
2位:港区(65点)
3位:渋谷区(64点
3位:東大和市(64点)
3位:福生市(64点)

 

夫婦がお互いを尊重して、お互いの立場で相手の気持ちを思いやることが、共働きで子育てをしていく最低条件だと思います。

 

家事など出来ることは、出来る人がやり、子育ては夫婦二人でしましょう。

 

子供と一緒にいられない時間が多い分、愛情を注げる時は子供にめいっぱいスキンシップや子供の話を聞いてあげるようにしましょう。

 

これが共働きでも子育てを充実したものにするコツだと思います。

 

また子供もイキイキとした親を見て自分で出来ることは自分でするように自然になっていくのではないでしょうか?

 

共働きの場合は、どうしても妻への負担が多くなるため、 うつに悩む母親が増加傾向にあります。

 

一度、うつを発症すると完治までには長い時間がかかります。

 

心の病であるうつ病は、風邪のように高熱が出たり、寒気がするといった症状はありません。

 

ストレスや疲れが溜まることで、自分でも気づかないうちに少しずつ病状が進行してしまいます。

 

自分では、仕事と家事、育児のバランスを取っているつもりでも、いつの間にか、心も体も追い込まれているということもあり得ます。

 

疲れが取れない、寝つきが悪い、頭がボーっとするなど、いつもと違う点に気付いたら、速やかに専門医の先生に相談しましょう。

 

また、働くママに多いのが職場での「育児ハラスメント」です。

 

子どもがいると働く時間が限られるため、職場の上司や同僚など、周囲の人から冷たい目線を向けられることもあります。

 

「もう限界だわ!」と退職してしまう人も、決して少なくありません。

 

昔は育児ハラスメントと言えば、働くママが受けるものという認識がありました。

 

ですが、最近は、家事や育児に積極的に関わったり、育児休業で妻をサポートするイクメンと呼ばれているパパが増えており、パパがハラスメントの被害者となるケースも増加しています。

 

パパに対するハラスメントは、パタニティハラスメント、通称「パタハラ」と呼ばれています。

 

現在、男性社員に対するパタハラ被害も深刻になっています。

 

育児ハラスメントに関わる法制度には、大きく分けて「男女雇用機会均等法」と「育児・介護休業法」の2つがあります。

 

これらの法改正によって、2017年1月から各企業は職場での妊娠・出産・育児休業等を理由とした嫌がらせを防止するために必要な措置を講じることが義務づけられます。

 

今回の改正では、解雇等の不利益取扱いの禁止に加えて、上司や同僚による就業環境を害する行為を新たに「ハラスメント」として整理し、企業に対してハラスメント防止のための措置を新たに義務づけています。

 

育児ハラスメントを受けた場合は、苦情相談などを積極的に利用し、真摯な対応をお願いするようにしましょう。

 

共働きの母親は、仕事以外にも家事や育児をこなしていくことになりますね。

 

保育所や幼稚園、パパや自分の両親、周囲の人々など、助けてくれる人はたくさんいるかもしれません。

 

しかし、急なお迎えや子供の病気に対応できるのは、「母親本人だけ」というケースも少なくないのが現実です。

 

職場で急に仕事を早退したり、休むとなれば、そのフォローは他の人がすることになりますね。

 

何度も会社に連絡をする度に、精神的に追い込まれていく人も少なくありません。

 

実際には育児ハラスメントを受けていなくても、周囲に対して「申し訳ない」という感情を抱く母親は非常に多いそうです。

 

また、例えハラスメントを受けていても、「自分が迷惑をかけているのだから」と我慢してしまう人もあります。

 

働く母親たちが他の社員に対して「肩身が狭い」と感じる時は、非常に多くあります。

 

仕事をする上で会社の人達に理解してもらえるように、しっかりと話し合いや相談をすることが大切ですね。