子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


セレブの子育て

 

セレブの人はどんな子育てをしているのでしょうか?

 

「私たちと同じ」なんて思っていましたが、やっぱり子育てにかけるお金が全く違うことがわかりました。

 

たいていセレブと呼ばれている人達は、自営業や有名人、医師、スポーツ選手、大手企業の役員などになりますね。

 

親も経営者で代々セレブだとか、お金の感覚は私のような庶民には真似できない羨ましいものですね。

 

セレブの人は年収が1千万以上はあると思います。

 

そんなセレブの人はベビーシッターを雇って、子育ての手伝いをしてもらっている人が多いようですね。

 

子供の洋服などはブランドが多いそうです。

 

学校もまだ生まれて間もないというのにインターナショナルスクールの入園が決定されていたり、子供の教育に多くのお金を投資するそうです。

 

有名私立小学校に合格させるために、お金をつぎ込むお受験1000万円ママもいるそうです。

 

気になるのはお受験にかかる費用の使い道ですよね。

 

通常は小学校のお受験にかかる費用は約370万円だと言われています。

 

お受験1000万円ママになると、塾の掛け持ちは当たり前だそうです。

 

月に10万円の塾通いを4歳から6歳まで続け、これだけで360万円をつぎ込み、さらに塾とは別に教材費を3年分で15万円もかけるそうです。

 

子供の洋服代もバカになりません。

 

学校ごとに異なる受けの良い洋服を選び、1着7万円の洋服を何着も購入し、30万円もかけるそうです。

 

そして、面接用の両親のスーツ代やカバン代に50万円。

 

エステやメイクレッスンなど母の身だしなみ代に15万円かけるなど余念がないそうです。

 

願書用の写真はプロのカメラマンにお願いして10万円はかけるそうです。

 

試験用に農家の1日体験があるそうです。

 

子供に貴重な体験をさせるための体験旅行費用は100万円ほどかかるそうです。

 

中学受験させる場合は、社会で世界遺産の問題が出るそうです。

 

なので、頻繁に試験に出てくるような国は連れて行くそうです。

 

例えば、スペインのサグラダファミリアとか、フランスのルーブル美術館などに家族で行くそうです。

 

こうした海外勉強に500〜600万円はかかるそうです。

 

海外旅行の話も面接の時に出来るので、メリットがあるそうです。

 

特に男の子の場合は、最終学歴を重要視する母親が多いそうです。

 

セレブの子育てをテレビで披露されることもありますね。

 

有名なのは鈴木亜美さんの子供にかける費用ですね。

 

第一子となる男児を出産した歌手の鈴木亜美さんは、セレブ過ぎる育児の方法をテレビで初公開していましたね。

 

番組では「芸能人ママこだわりの子育てに密着」と題した特集で、鈴木亜美さんの子育て生活に密着していました。

 

ベビーカーはオランダ製の高級ベビーカー「バガブー カメレオン3」で、お値段は14万1966円。

 

新生児から成長に合わせて長く使える仕様で、ハリウッドセレブにも愛用者は多いそうです。

 

インターネットで注文した子ども用の遊具「レインフォレスト・ジャンパルーII」のお値段は2万1600円。

 

鈴木亜美さんの外出時に密着した映像では「ボーネルンド代官山店」に訪れていました。

 

この店では世界20ヶ国の厳選おもちゃを販売していて、子供のおもちゃはこの店で買い揃えているそうです。

 

この日はベビーカーに取り付けるおもちゃや、布でできた飛び出す絵本など5点を購入し、合計金額は1万9764円を支払っていました。

 

鈴木亜美さんは仕事と育児を両立するため、良い保育園を探しているそうです。

 

おもちゃを購入した後に渋谷の保育園「ミライLabo」の下見に訪れていました。

 

この保育園は脳科学や臨床心理学に基づいた科学的根拠のある幼児教育法を取り入れているそうで、0歳児の場合、週5日預けて1ヶ月で12万9600円だそうです。

 

私にはセレブの子育てはとても真似は出来ませんが、どの親御さんも自分の子供の将来を真面目に考えているんですね。

 

子育て方法は人それぞれですが、セレブの人も一生懸命子育てをしているんだと思いました。