子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てと赤ちゃんを寝かしつけるコツ

 

睡眠は赤ちゃんの脳と体の発達にとって、とても大事なことです。

 

だからこそ、できるだけ気持ちよく寝れるようにサポートしてあげましょう。

 

赤ちゃんが起きてしまう原因はいくつかあります。

 

1.オムツが濡れている時

 

赤ちゃんが寝付けない時にオムツをチェックすると、濡れていることが多くあります。

 

そこで私はお尻を一晩中サラサラに保ってくれるオムツを選びました。

 

私が選んだのは「パンパース さらさらケアテープ」です。

 


 

<特徴>

 

うすくなったのにモレ知らず。

 

旧製品と比べて、約10%うすくなりました。

 

おしっこしても薄くて快適で、一晩中ぐっすり眠れます。

 

・「3つのマジック吸収体」で、分散して即吸収。

 

・おしっこを肌によせつけず、最長12時間お肌サラサラ。

 

・通気性はばっちりのコットンシート。

 

・2倍伸びるのびのびストレッチ。

 

※対応体重4〜8kg

 

おかげで夜もぐっすりと眠れて赤ちゃんも私も気持ちの良い朝を向かえることができました。

 

2.空腹の時

 

産まれて数ヶ月間は数時間おきにおっぱいを飲んでいました。

 

授乳と睡眠と混同してほしくなかったので、かなり早い段階からミルクを飲んでいる間は赤ちゃんを眠らせないようにしました。

 

話しかけたり、歌を歌ったり、時には授乳の最中にオムツを替えるなどしました。

 

そして、赤ちゃんが眠ってしまう前にベッドで寝かせてあげることこそ、赤ちゃんが自分で寝付いてもらうカギだと思いました。

 

3.疲れきっている時

 

うちの子供には寝るタイミングみたいなのがあって、それを逃すと眠れなくなってお手上げ状態でした。

 

赤ちゃんを観察していると眠気のサインがわかるようになりました。

 

目を擦ったり、ぐずったり、頭をなでたりといったサインを出していたら、できるかぎりベッドで子供を寝かせてあげました。

 

4.物音がする時

 

うるさい音が邪魔になることが多々ありました。

 

でも静かすぎるのも同じくらいダメなんですよね。

 

そこで、寝かしつける時は、子守唄の簡単なBGMをかけるようにしました。

 

5.眠る場所と目覚める場所

 

ホテルなどに泊まった時にどこにいるかわかるまで時間がかかったことはありませんか?

 

赤ちゃんはまさにそれを体験しているのです。

 

自分のいる場所を確認するために赤ちゃんはママの顔を頼りにします。

 

眠りに落ちた場所とは違う場所で目を覚ますと、多くの場合赤ちゃんは大泣きしてママを呼びます。

 

これを解決するために寝かしつける場所を同じにしました。

 

これは出先でも役に立ちました。

 

これが私の経験ですが、もちろん赤ちゃんは一人一人違うので、あなたもお子さんに合った習慣を見つけて下さいね。

 

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ましてもご心配なく。

 

きっと自分に合ったなだめかたを見つけられるでしょう。