子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


寝つきや目覚めが悪い子の対応

 

昔は、子供は9時には布団に入って寝るといった環境が当たり前だったと思います。

 

私も子供の頃は9時には寝ていた記憶がありますね。

 

でも、今の子供は寝つきが悪い子が増えてきているように思います。

 

寝つきが悪い子は目覚めも悪くなってしまいますね。

 

早寝早起きは大人でも大事な生活習慣です。

 

朝早く起きてきちんと朝ごはんを食べる習慣は、子供にとって大切なことですね。

 

今は共働きの親が多いためか、親と一緒に朝ご飯を食べたりする習慣が少なくなっているそうです。

 

子供だけが一人でご飯を食べている家庭が増えているのは寂しいですね。

 

寝つきが悪い子は、大人と一緒にいつまでもテレビを観ていたり、ゲームをして遊んでいたりしています。

 

テレビを観たりゲームをしてしまうとブルーライトの影響により、睡眠を促すホルモンのメラトニンの分泌が減ってしまいます。

 

蛍光灯からもブルーライトは発せられるので、夜は間接照明を使うなどして、なるべく部屋を暗くしたり、テレビを消して脳に寝る準備をさせてあげましょう。

 

見たい番組は録画して次の日の夕方や休日に観るようにしましょう。

 

ゲームは1日に時間を決めてするようにさせましょう。

 

テレビをつけないと寂しい時は音楽を流しましょう。

 

スローテンポで歌詞のない曲を聴くことで、リラックスした状態を作り出すことができます。

 

寝つきや目覚めを良くするためには、睡眠の質も大切です。

 

快眠するためには、寝る前にリラックスした状態を作る必要があります。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

 

自律神経のバランスが乱れると、寝つきが悪い、目覚めが悪いなどの問題が生じます。

 

リラックスするためには、副交感神経が優位な状態を作る必要があります。

 

そのためには、脳が刺激を受けないようにデジタル機器を避けておきましょう。

 

首には、自律神経が多く通っています。

 

首の後ろを蒸しタオルなどで温めると、副交感神経が優位になります。

 

すると、リラックスしやすくなるため、スムーズに眠りにつくことができます。

 

また、お風呂に入る時間が遅くなると、寝つきが悪くなってしまいます。

 

入浴する時間の目安は、寝る前の1時間ほど前までにしましょう。

 

夏場でもシャワーで済ませるのではなく、湯船につかって全身を温めるようにしましょう。

 

お湯の温度は39〜40度のぬるめに設定します。

 

全身の筋肉を緩めてあげると、副交感神経が優位に働きやすくなります。

 

寝る前にホットミルクを飲むのも効果的です。

 

ホットミルクには脳をリラックスさせて快眠に導くホルモンの「トリプトファン」が多く含まれています。

 

夕食は寝る3時間前までに終わらせるようにしましょう。

 

寝る前に食事をすると、寝ている間も消化活動が行われるので、胃腸が休まりません。

 

さらに、消化が不十分だと夜に食べたものが翌朝まで胃の中に残ってしまい、朝の不快感につながることもあります。

 

夕食は胃や腸などの消化器官に負担をかけないような食材を選ぶことも大切です。

 

食物繊維が豊富なもの、脂肪分が多いもの、硬めのもの、体を冷やすものなどは胃に負担をかけやすい食べ物です。

 

野菜は生野菜ではなく、火を通した方が胃腸に負担が少なくなります。

 

鍋料理やスープ、豆腐料理、茶わん蒸し、煮魚、煮込みうどん、雑炊などは消化が早く胃の負担が少ないメニューになります。

 

寝つきが悪い子の場合、親が子供が寝付くまで一緒に寝てあげたり、昼間にたくさん外で遊ぶことも大事ですね。

 

早く寝る習慣をつければ寝つきの悪い子も早く目覚めるようになってきます。

 

寝つきが悪いと目覚めや寝起きも悪くなってしまいますね。

 

目覚めや寝起きが悪い子は幼稚園や保育園、学校などに行っても頭が回らずボーっとしている状態が多いそうです。

 

友達と遊ぶ事や先生の話などすぐに切り替える事が出来なくなります。

 

目覚めの悪い子の中には、昼間に嫌なことがあったり、家庭内に心配なことがあったりするケースもありますね。

 

親御さんは子供が気持ちよく目覚めるような環境を作ることが大切ですね。

 

目覚めが悪いということは睡眠の質が低下している状態なので、スムーズに寝れるような生活習慣に改善しましょう。

 

眠る前にアロマの香りをかぐと、副交感神経が優位な状態になり、自然とリラックスしていきます。

 

特にラベンダーやカモミールなど鎮静作用のある香りがオススメです。

 

寝つきの悪い子の場合、親子のスキンシップも大きく関わりがあるそうなので、たくさんコミュニケーションを取ることで気持ちのいい目覚めができる生活に変わっていくのではないでしょうか。