子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てと小食

 

子育て中の悩みは色々ありますね。

 

子供が小食で悩んでいる親御さんもたくさんいます。

 

少食で他の子よりも体格が小さめだと、不安になったりしますよね。

 

少食のせいで体が小さいのかなと心配になって、つい無理やりにでも食事を食べさせた経験はありませんか?

 

子供にたくさん食事を食べさせたいと親なら誰でも思いますよね。

 

たくさん食べてくれた方が健康で丈夫な体に成長すると考えますよね。

 

でも子供にも個性があるので、よく食べる子もいれば、あまり食べない子もいます。

 

小食の子供には3つのパターンがあると思います。

 

一つ目は元々食の細い子供ですね。

 

この場合は小学校に入るようになって、ある程度の年齢がくれば、それなりに食べるようになります。

 

2つ目は親御さんが子育てに力が入りすぎて、無理にでも食べさせようとしている子供です。

 

子供は食べることの楽しさよりも食べなければ怒られるというストレスの方を強く感じてしまい、食事の時間が嫌いになってしまうのです。

 

食事の度に子供に「もっとたくさん食べなさい!」などと口うるさく言ってしまうと、それをプレッシャーと感じて、食への興味をなくしてしまいます。

 

なので、食事が楽しいと思ってもらえるように、楽しく食事をする事を心掛けましょう。

 

食事中は子供の前では嫌な顔をしたり、嫌いな食べ物でも「まずい」と言う事は避けましょう。

 

3つ目は親御さんが一緒に食べず子供だけで食べさせるパターンです。

 

親御さんが子供と一緒に美味しそうに食べているのを見れば、子供はつられて食べるようになります。

 

小食の子供の場合は、親御さんが子供を観察して生活を見直す必要もあると思います。

 

小食の子供の原因は、普段の生活に潜んでいることが多く、生活習慣の見直しで解決できることも多くあります。

 

最近の子供は室内で遊ぶことが多いので、運動量が少なく空腹を感じないことも多いそうです。

 

小食だと思っていた子供でも外でたくさん遊んでお腹が空けば、ビックリする程ご飯を食べてくれます。

 

体の成長のためにも適度な運動は必要不可欠です。

 

また、食事の前におやつ食べ過ぎてしまい、食事の量が減ることもあります。

 

子供におやつを食べさせる時は、親御さんが量と時間をきちんと考えましょう。

 

小食の子供は食べる事をまずは楽しいと思わせることが大事ですね。

 

食事中はテレビは消し、家族で会話を楽しむことも子供にとって食事が楽しいものになります。

 

手で掴んで汚いとか汚すとか、親御さんはイライラする時期もありますが、それも子育て中は一瞬の事です。

 

知らない間に箸を上手に使えるようになります。

 

子供にさせたいことを楽しませるのが子育てのポイントだと思います。

 

それにはまず親御さんが子供の見本になるのが一番いいことだと思いませんか?

 

子供が少食であっても、成長に問題なければ心配しすぎる必要はありません。

 

検診で問題がなければお医者さんにかかるほど心配事ではありません。

 

不安のあまり無理に食べさせることよりも、個性だと思って温かい目で見守ってあげましょう。

 

少食でも楽しく食事する方が、効率よく栄養を吸収させることができると言われています。