子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てと離乳食

 

母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんも離乳食の時期が必ずやってきますね。

 

中には離乳食の時期がわからず悩んでいる親御さんもいるのではないでしょうか。

 

よく子育ての本などに離乳食の年齢が載っていますね。

 

たいていは5ヶ月くらいから始めると書いてあると思います。

 

しかし、子育ては一人ひとり違い子供の成長も様々ですよね。

 

家族の食事に興味を示しだしたり、よだれがたくさん出るようになっるとか
、一緒に口を動かすような真似をするようになれば離乳食の合図ですね。

 

離乳食の基本は薄味です。

 

最初は味付けを全くしなくても大丈夫です。

 

徐々に色々な食べ物を食べて、たくさん味を覚えさせていきましょう。

 

また、卵や小麦粉、牛乳だけでなく、どんな食材でもアレルゲンになります。

 

そのため、まずは1口ずつあげて様子を見るようにしましょう。

 

もし、アレルギー反応が出てもすぐに病院を受診できるように、新しい食材は午前中にあげるようにしましょう。

 

離乳食の初期は1日に1回、1さじから始めるといいでしょう。

 

唇を閉じてゴックンと飲み込めているかを確認しましょう。

 

むせたり、出したりする時はとろみをつけてあげましょう。

 

一番初めは約10倍に薄めたおかゆを1週間程度あげてみましょう。

 

1週間が過ぎたら薄めた野菜スープなどをあげるといいと思います。

 

離乳食に慣れてきたら、お豆腐や白身魚などのタンパク質をあげてみましょう。

 

1回に1種類にして慣れたら新しい食材を加えていきましょう。

 

離乳食を始めて1ヶ月ほどすると、1日2回にしましょう。

 

他の時間は母乳やミルクをあげて下さい。

 

離乳食開始2ヶ月目には、朝と夜の1日2回にします。

 

主食と副菜を組み合わせてあげましょう。

 

離乳食の後期になると手でつかんで食べるようになります。

 

この頃になると1日3回にしましょう。

 

子育てや離乳食の本などには果汁などが載っていますが、果汁はおやつの時などにするといいと思います。

 

離乳食をあまり食べない赤ちゃんは、どうして食べないのかを観察してください。

 

離乳食を食べさせる前にミルクなど飲んでお腹が空いていない場合やお菓子を食べさせていたり、必ず何か原因があると思います。

 

離乳食の前に十分遊ばせて食事の時間を決めると食べてくれやすいですね。

 

本には離乳食のメニューもたくさん載っているので、参考にするといいですね。

 

はじめてママ&パパの離乳食」という本がオススメです。

 

Part1:離乳食作りのキホン

 

Part2:ゴックン期・モグモグ期・カミカミ期・パクパク期 時期別離乳食の進め方

 

Part3:食材別離乳食レシピ(ごはん、パン、パスタ、にんじん、かぼちゃ、青菜、豆腐、しらす…など)

 

フリージング離乳食 とり分け離乳食 食物アレルギーにならないためには? 幼児食って何?

 

お祝いの日の離乳食

 

はじめてママ&パパの離乳食 (主婦の友実用No.1シリーズ)

新品価格
¥1,404から
(2018/3/6 19:33時点)

 

1歳を過ぎたあたりから離乳食を終える準備を始めましょう。

 

ちなみに、1歳半頃までに終えることが多いようです。

 

離乳食が終わると幼児食が始まります。

 

子育ては悩みすぎず楽して上手にこなしたいですよね。

 

離乳食も子供だけのために作るのではなく、家族の食事の中から離乳食を作れば効率的に出来て時間の短縮にもつながりますね。

 

離乳食は毎日のことなので、疲れた日は市販のベビーフードを使ってもいいと思います。