子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てと虫歯

 

子育てをしていて子供の歯が生えそろうと虫歯に注意しなければなりませんね。

 

小さい子供はまだ虫歯を知りません。

 

親御さんが注意してあげないと、子供はすぐに虫歯になってしまいますね。

 

厚生労働省の調査の結果によると、5歳〜9歳の子供で乳歯に虫歯のある子は40%超でした。

 

子供の虫歯予防と言えば、やはり基本は歯磨きだと思います。

 

生後6ヶ月〜8ヶ月頃の乳歯が生えだす時期になると歯磨きを始めましょう。

 

最近子供の歯科検診に行ってきました。

 

虫歯もなく綺麗な歯だと褒められました。

 

歯磨きが嫌いな子供はたくさんいますね。

 

私の子供は歯磨きが大好きです。

 

その秘密はなんだと思いますか?

 

私はいつも子供の前で歯磨きをしています。

 

子育てで大事なことは、まずは親が見本になる事だと思います。

 

2歳の子供は自分も歯磨きを真似て歯ブラシを噛んだりなめたりして、上手には磨けません。

 

「虫歯にならないように磨こうね」と私が仕上げ磨きをしています。

 

歯磨き粉を付けている親御さんがほとんどだと思いますが、子供が嫌がる場合も多いと思います。

 

歯磨き粉は、付けなくても綺麗に磨けますよ。

 

歯を磨きながら自作で構わないので歯磨きの歌などを歌って、歯磨きの時間は楽しい時間にしてあげるのも子育てのコツですね。

 

また注意したいのが、人が食べた間接になるものを子供にあげるのは、良くないと思います。

 

与えた人に虫歯があれば子供に虫歯菌が移ってしまいますね。

 

2歳くらいまでの子供には、虫歯や歯周病の元となる細菌は口の中にはいないと言われていますね。

 

離乳食の時期に親が使ったスプーンで子供に与えたり、口移しをすると虫歯菌は、唾液を通して親から子へと移ります。

 

子供が家族のお箸やコップを舐めないようにすることも大切ですね。

 

子供の虫歯を予防するには、このような些細なことにも十分に気をつけないといけませんね。

 

もう一つは時間をかけてダラダラ食べたり、甘いおやつを食べ過ぎたり、ジュースばかりを飲んだりするのは良くないそうです。

 

唾液は歯の表面を修復する働きがあるそうなので、唾液が少なくなると口の中が虫歯になりやすいそうですよ。

 

歯磨き後に、虫歯の予防効果がある「コンクールF」によるうがいをするとさらに効果的ですね。

 


 

歯と歯の間や歯と歯肉の境目は、歯ブラシが行き届きにくく、磨けていません。

 

見えない部分にプラーク(歯垢)が溜まりやすいんです。

 

歯磨き後や就寝前に薬用マウスウォッシュ「コンクールF」を使えば、すっきり洗い流してくれます。

 

この場合は、歯に溶液が定着するよう、その後30分間は水を飲んだり、食べ物を食べたりしないようにしましょう。