子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てとスキンシップ

 

子育ての中で大切なものはスキンシップだと子供を持った時に助産婦の人に教えられた記憶があります。

 

スキンシップは赤ちゃんの時から親子の信頼関係を築いていく手段の一つだと思います。

 

スキンシップは親子の愛情を深めるために大切な行動です。

 

赤ちゃんは抱っこされることが大好きです。

 

抱っこされる事でお母さんやお父さんの心臓の音や声、顔を近くで感じられるのでとても安心するそうです。

 

スキンシップは抱っこするだけではありません。

 

言葉で褒めたり、一緒に出かけたり、遊んだり、マッサージする事もスキンシップですね。

 

スキンシップすることで、「幸せホルモン」や「愛情せホルモン」と呼ばれているオキシトシンが分泌されます。

 

オキシトシンは、優しい気持ちや幸せな気持ちを促したり、不安感やストレスを抑える働きがあります。

 

親からスキンシップを多くされて育った人は、オキシトシンの分泌量や感受性が良いという報告があります。

 

子供とのスキンシップをどうとっていいのかわからずに悩んでいる親御さんもたくさんいます。

 

子供の反抗期など何を言ってもイヤを連発したり、言う事を聞かない時期には親御さんも子育てに疲れてスキンシップを取らなくなるそうです。

 

赤ちゃんや子供は欲求が満たされなくて泣いたりしますよね。

 

わがままになるといけないから抱っこ癖がつくからといって、スキンシップをしない親御さんがいます。

 

スキンシップをしなくなると子供は見かけはわがままを言わない一人遊びの上手な子供に見えます。

 

ですが、子供の心の中では「きっとママやパパは自分の事を嫌いなんだ」と甘えたい気持ちを押し殺しているだけだと思います。

 

子供とのスキンシップはとても大事です。

 

大きくなっても抱っこなんて言う子供はいませんよね。

 

小さな頃からスキンシップをたくさんしてもらった子供は自立するのも早いですね。

 

0才の時にスキンシップをたくさんした子は、10才になった時には心が安定します。

 

そして、キレにくい子になる傾向があると言われています。

 

特に男の子はキレやすい傾向にあるので、スキンシップをたくさんしてあげましょう。

 

子育ての中でスキンシップはほんの一瞬の時だけです。

 

いっぱいスキンシップをしてあげてくださいね。