子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てと英語教育

 

お子さんに英語がペラペラに話せるようになってもらいたいと思っている親御さんはたくさんいらっしゃると思います。

 

文部科学省も子供の英語教育に力を入れていますね。

 

2011年から小学校5〜6年生で英語に親しむための授業「外国語活動」がスタートしています。

 

2020年からは小学校3〜4年生で「外国語活動」が開始され、小学校5〜6年生で英語の授業が必須となる予定です。

 

学校によっては2018年度から段階的に実施されるそうですね。

 

そのため、子供が小さな頃から英語に親しませる環境を準備している親御さんも多いのではないでしょうか。

 

子育てしながら英語を覚えさせる家庭学習の教材もたくさんありますね。

 

ほとんど親御さんと子供が一緒になって英語を楽しみながら勉強していくものですね。

 

子供の英会教育はいつから始めればいいのでしょうか。

 

人間の脳は6歳までに完成し、それまでに必要な情報を取捨選択していきます。

 

なので、なるべくなら6歳までには英語に触れる環境を作ってあげる必要があると思います。

 

もちろん、6歳以降に始められても問題はありません。

 

ただし、日本語もまともに話せない幼児期から英語学習を始めることに否定的な意見を持っている専門家もいますね。

 

2〜3歳の頃は言葉の爆発期とも呼ばれ、多くの言葉を吸収していく大切な時期です。

 

この頃にあまり無理に英語を詰め込まなくても良いと思います。

 

圧倒的に日本語のボキャブラリーが足りないと、英語で苦労する子供になります。

 

私の上の子供は英語塾に通わせて、早いものでもう6年になります。

 

上の子供が英語に興味を持った理由は、私がよく英語の歌を聴いていた事と英単語の絵本を買ったことが大きかったですね。

 

英単語を少し言いえるようになって、英語に興味を持ち始めました。

 

子供に英語への興味を持たせる方法はたくさんありますよ。

 

食べ物や動物など簡単な英単語を買い物や動物の本などを見て教えるだけでも、子供は興味津々で「これは?」と聞いてくると思います。

 

ディズニーのもので簡単な英語のDVDも子供は楽しんで観てくれるのではないでしょうか?

 

子育てをしながら日常的に英語をどこかに取り入れていくだけで英語に興味を持って、子供自身がもっと英語を知りたいと思うようになるかもしれませんよね。

 

今は子供向けのオンライン英会話もあります。

 

近所に子供の英会話教室がなくても、自宅で好きな時間に英語学習ができますね。

 

オンライン英会話だと、毎日継続的な学習ができるため、日常生活の一部として組み込むことができますね。

 

また、オンライン英会話の場合、1回120円〜など英会話学校に比べて非常に安価です。

 

基本的にマンツーマンなので上達も早いそうです。

 

幼児、小学生、中学生専用のオンライン英会話スクール「ハッチリンクジュニア」がオススメです。

 

<ハッチリンクジュニアの特徴>

 

・満足度96%以上の子供専用、オンライン英会話スクール!

 

・幼児、小学生低学年のお子様へ指導が得意なフレンドリーな講師陣が多数在籍!

 

・英検対策も可能!

 

・中学生は学習指導要領にそった英語教材を完備!

 

・ご兄弟、親子さんも受講可能(アカウント共有可能)

 

・年間を通しての授業以外のアクティビティも大好評!

 

例)スピーチコンテスト、文通企画、夏の親子短期留学等

 

ハッチリンクジュニアの無料体験レッスン(2回)はコチラ!

 

これから英語はもっと身近に、当たり前になってくる外国語だと思います。

 

インターネットを通じて外国人と友達になったり、民泊などコミュニケーションを取ったり出来る機会も増えていますよね。

 

日本へ旅行に来る外国人や日本で働く外国人も年々増加傾向にあります。

 

グローバル社会において、英語が話せる人材を求めている企業も多くあります。

 

子育てを通じて英語にふれる機会をたくさん増やしてあげることも大事なことになってきているように思います。