子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てとバイリンガル

 

バイリンガルという言葉は聞いた事があると思います。

 

バイリンガルとは2ヶ国語を話せる人の事を言いますよね。

 

自分の子供をバイリンガルに育てたいと考えている親御さんもたくさんいるそうです。

 

昔に比べると英語教育に力を入れる親御さんが増えているようですね。

 

子供がバイリンガルの場合、たいていは両親が国際結婚したり、身近な人に外国語を話せる人がいて、子供には日本語以外での会話をしていくケースが多いそうです。

 

また、一般的に両親が日本人で子供がバイリンガルの場合は、英語圏で暮らしながら地元の学校に通っていることが多いそうです。

 

最初は日本語しか話せなくても1年も経つとすっかり慣れて、ネイティヴ並みに綺麗な発音で話せるようになるそうです。

 

英語のDVDやCDを毎日観たり聞いたりして、バイリンガルになるといった教材もたくさんありますよね。

 

ビックリするほどの値段の高価な教材もいっぱいあります。

 

しかし、高価な教材だからバイリンガルになれるわけではありませんね。

 

どう教材を使いこなして子育ての中でどれだけ外国語を日常的に使っていくことが出来るかが大切だと思います。

 

お金をたくさんかけなくても英語の絵本や値段がお手ごろの教材などで十分だと思いますよ。

 

まずは、「5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法」という本を読んでみてはどうでしょうか。

 

5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法

 

日本航空に勤務され、現在英語幼稚園を経営されている著者が、家庭でできる子ども向け英語教育についてまとめたものです。

 

子供をバイリンガルに育てたいと思ったら、毎日会話をする親御さんが外国語で子供に話しかける方法が一番効果があるそうです。

 

でも親の英語力はどれくらいないといいけないのか疑問がありますよね。

 

少しでも話せるに越したことはないと思いますが、親も一緒にバイリンガルを目指すといったところではないでしょうか?

 

親子で楽しく覚えるのが一番身につく方法だと思っています。

 

親御さんが英語が得意ではなくても簡単な挨拶や短い文なら言えると思います。

 

子育てをしながら毎日外国語を使うことで日本語以外の外国語が身近になり、子供はどんどん吸収していくようになります。

 

また、外国語でコミュニケーションを取ることが楽しいと思った子供は、吸収も伸びも早くなるそうです。

 

子供が英語に自ら興味を持ち、学びたいと思う気持ちを育てる事が大事になってきます。

 

子供が小さな頃からオンライン英会話スクールを利用するのもいいでしょう。

 

子供向けの英会話スクールなら、「ハッチリンクジュニア」がオススメです。

 

<ハッチリンクジュニアの特徴>

 

・満足度96%以上の子供専用、オンライン英会話スクール!

 

・幼児、小学生低学年のお子様へ指導が得意なフレンドリーな講師陣が多数在籍!

 

・英検対策も可能!

 

・中学生は学習指導要領にそった英語教材を完備!

 

・ご兄弟、親子さんも受講可能(アカウント共有可能)

 

・年間を通しての授業以外のアクティビティも大好評!

 

例)スピーチコンテスト、文通企画、夏の親子短期留学等

 

ハッチリンクジュニアの無料体験レッスン(2回)はコチラ!

 

また、バイリンガル育児においては、子供の生活英語力と学習英語力の発達を明確に分けて捉え、それぞれに必要なサポートを与えることも大切です。

 

生活英語力は子供の周囲に豊かな英語環境があれば、自然に身に付けることができます。

 

必要なのは生きた言葉が豊かにあることです。

 

学習英語力は学校の勉強で必要とされる力で、語彙力、読解力、思考力、作文力などです。

 

学習英語力を発達させるには学校での指導に加えて、子供自身が努力を継続することが必要です。

 

バイリンガルの学習英語力の発達は、モノリンガルの子よりも遅れるのが一般的です。

 

※モノリンガルとは言語を1つのみ習得している人で、母国語を話せますが、外国語を習得していない人を言います。

 

学校の先生との連携を密にして子供の英語力の遅れを見逃さないようにモニターして下さい。

 

日本語も英語も学年レベルで獲得できれば、まさに理想的なバイリンガルです。

 

しかし残念ながら二言語の学習英語力を同時に、同じレベルで発達させていくのは極めて困難です。

 

学習内容が高度になる小学校高学年からは、どちらか一つの言語に集中して勉強を進めることが現実的です。

 

二つの言語を同レベルで学ぶというのは、子供への時間的・精神的負担が大きく、その結果、どちらの学習英語力も十分に育たなくなる危険性があります。

 

また、小学校高学年からはスポーツや音楽など、子供の人間形成に影響を与える活動に参加させることも大切です。

 

子供時代には勉強の他にも経験すべきことがたくさんあります。

 

子供の人間形成を考えるのならば、現実的で偏りのない学びの環境を与えていく柔軟性を親が持つことが求められます。

 

小学校高学年から中学校の時期は、子供が学校教育を受けている言語に集中させることが大切です。

 

仮にアメリカの学校に通っているのであれば、迷うことなく英語優先です。

 

この頃から勉強でつまずきや困難を感じる子供が増えますから、細心の注意を払って習熟状況をモニターして下さい。

 

現地校の成績が良くなると、子供にとって大きな自信となりモチベーションがアップします。

 

反対に成績が悪くなると、「やっぱりダメだ」と自信は減退し、やる気も下がってしまいます。

 

高等教育への準備として学習英語力の発達に注目すべき時期が小学校高学年なのです。

 

「学校の成績が問題ないから英語は心配ない」という親御さんがいます。

 

しかし、バイリンガルの場合、成績に表れていなくても、総合的な英語力はネイティブよりも必ず劣るそうです。

 

私立中学校を受験する子供が「SSAT」という共通テストを受けると、この差が顕著に表れます。

 

SSATのスコアが学年平均よりもはるかに低い子供がほとんどだと言われています。

 

学習英語力の遅れは学校の先生も気づかないケースが多いので注意しましょう。

 

ちなみに、バイリンガルの人は、将来認知症になりにくいという研究報告があります。