子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てと育児ノイローゼ

 

子育てに疲れて育児ノイローゼになる親御さんも最近では多いそうです。

 

育児ノイローゼは子育て中のママであれば誰しもがなり得る可能性があります。

 

厚生労働省の調査によると、実に半数近いママさんが「自分は育児ノイローゼかもしれない」と感じたことがあるそうです。

 

核家族が増えて近所との付き合いも減り、子供と母親の一対一の時間がほとんどで、毎日の子育てにストレスを溜め込んでしまうことも多いと思います。

 

特に出産後の母親に育児ノイローゼが多いそうです。

 

母親は妊娠中の負担や出産の疲れなど体力が回復する暇もなく子育てに入りますよね。

 

母乳の出や初めての子育て、不眠や不安など精神的にもストレスがかかっていますね。

 

家庭に戻ったら家事に子育て、とてもゆっくり出来る時間などない状態だと思います。

 

大変な子育ての時期に旦那さんや身内、友達など子育てに協力してくれる人が近くに居たり、話を聞いてもらえる人なら、多少は育児も楽になります。

 

子育てを一人で抱え込んでいる人はストレスを発散する場もなく、悩みや疲れから育児ノイローゼになってしまうそうです。

 

育児ノイローゼは子育てをしている人なら誰にでも起こりうることだと思います。

 

これを知っていることだけでも、育児ノイローゼの予防策になるかもしれませんので、育児ノイローゼになりやすいタイプをチェックしておきましょう。

 

<育児ノイローゼになりやすい人>

 

・真面目な性格の人。

 

・完璧主義者

 

・夫が育児に協力的でない人。

 

・子育てを協力してくれる人が身近にいない人。

 

・人に弱さを人に見せられない人。

 

・周りに相談できる人がいない人。

 

・ママ友などの人付き合いが苦手な人。

 

・子供と2人の時間が長い人。

 

育児ノイローゼが気になったなら、まずはセルフチェックをしてみましょう。

 

次の項目のうち、Yesの数はいくつか数えてみましょう。

 

<育児ノイローゼのチェック法>

 

□ちょっとしたことですぐイライラする。

 

□いつも自分だけが頑張っている気がする。

 

□育児や家事など全てが嫌になることがある。

 

□プライドが高く何でも完璧にこなしたいと思っている。

 

□何もやる気が起きず無気力な状態になる。

 

□わが子が可愛く思えない。

 

□理不尽に子供を怒ってしまう。

 

□毎日睡眠不足が続いている。

 

□いつも孤独で人と会話することがあまりない。

 

□拒食や過食の傾向にある。

 

□突然涙が出てくる。

 

3個以上当てはまる場合は、要注意です!

 

両親や兄弟、姉妹、親せき、仲の良い友人、地域の子育て支援センターに相談したり、カウンセラーにたくさん話や悩みを聞いてもらったりするようにしましょう。

 

近所の保育園でもママの子育て相談に応じている場合が多いですよ。

 

保育園は基本的には働いているお母さんが子供を預ける場所ですが、専業主婦の場合でも育児ノイローゼの診断書があれば保育園への入所が可能になることがあります。

 

これは、育児ノイローゼを治すためには、子どもと離れる時間を作ることが必要だからです。

 

子供を保育園に入れたい旨を主治医に伝え、診断書を書いてもらいましょう。

 

必要な手続きは各保育園によって異なりますので保育園へ相談しましょう。

 

育児に関する専門的なアドバイスが欲しい時は専門家に相談しましょう。

 

無料で利用できる電話相談もありますよ。

 

私も家事や子育てが思い通りにならなくなり、育児ノイローゼ気味になっていた時、電話相談を何回も使いました。

 

相談できる相手がいるだけでも、精神的に楽になりますよ。

 

「私はもしかしたら育児ノイローゼなのかも?」と感じたら、迷わず誰かに相談しましょう。

 

<オススメの電話相談>

 

・エンゼル110番

 

森永乳業株式会社が運営している民間の育児無料相談です。

 

妊娠中から小学校入学前までなら、何でも相談にのってくれます。

 

電話番号:0800-5555-110(フリーダイヤル)、03-3798-8230

 

相談時間:月〜土の10:00〜14:00

 

・ママさん110番

 

プロの保育士を支援する団体の日本保育協会が運営している相談室です。

 

子育て全般について相談することができます。

 

専門的な悩みにも的確なアドバイスをもらうことができます。

 

電話番号:03‐3222‐2120(無料)

 

相談時間:月〜金の10:00〜16:00

 

・子育て、思春期、更年期 女性のあらゆる相談室

 

日本助産師会が運営している相談室です。

 

育児だけに限らず、産後の不調や不妊など他人には相談しずらい話を専門家に聞いてもらうことができます。

 

電話番号:03-3866-3072

 

相談時間:火曜日10:00〜16:00

 

※祝祭日及び8月第2週は除く

 

・明治赤ちゃん相談室

 

株式会社明治が運営している相談室です。

 

主に授乳や離乳食、ママの栄養などについて相談にのってくれます。

 

管理栄養士の資格を持った専任の相談員に相談できます。

 

電話番号:0570-025-192

 

相談時間:月〜金の10:00〜15:00

 

※毎月第3火曜日と祝日、および年末年始はお休みです。

 

・小児救急電話相談

 

厚生労働省が運営している相談室です。

 

休日や夜間、子どもの急な病気やけがの対処に困った時のための相談窓口です。

 

小児科医や看護師が病院の受診をすべきかアドバイスをくれます。

 

電話番号:#8000

 

相談時間:各都道府県による

 

※各都道府県の相談窓口に自動転送されるため、都道府県によって対応時間に違いがあるようなので確認が必要です。

 

・いのちの電話

 

一般社団法人日本いのちの電話連盟が運営している相談室です。

 

ボランティアによる電話相談です。

 

子育てだけではなく、どんな些細なことでも相談することが出来ます。

 

電話番号:0570-783-556(ナビダイヤル)

 

相談時間:10:00〜22:00

 

毎月10日の午前8時から翌日午前8時までは、フリーダイヤルで相談することが出来ます。

 

電話番号:0120-783-556(フリーダイヤル)

 

育児ノイローゼになると情緒不安定になり、うつ症状や睡眠障害、摂食障害などの症状が起こります。

 

育児ノイローゼが酷くなると、子供が言う事を聞かないとか泣き止まないなど、どうしようもないと思った瞬間に虐待に発展するケースも多いそうです。

 

育児ノイローゼから虐待に発展する確率はとても高いそうです。

 

一人で思い詰めていても症状は悪化するばかりなので、すでに自己コントロールができない時は、早めに病院を受診しましょう。

 

病院へ行くのは抵抗があるかもしれませんが、症状が軽いうちに受診するようにしましょう。

 

育児ノイローゼは心の病気ですから、まず心療内科や精神科を受診しましょう。

 

病院名にメンタルクリニックと記載があれば、それに該当します。

 

病院の電話やホームページでカウンセリングの有無や内容、保険適応の有無などの確認して選ぶとよいでしょう。

 

産後すぐの育児ノイローゼは、産後うつかもしれません。

 

この場合は、赤ちゃんの検診などで受診する機会があれば相談してみるとよいでしょう。

 

病院での治療は投薬治療が一般的です。

 

症状に合わせ、精神安定剤や抗うつ剤、睡眠導入剤などの薬が処方されます。

 

薬の内服によって情緒不安定だった心が落ち着くと、身体的にも楽になることが多いです。

 

症状が軽快しない場合は、医師に相談するようにしましょう。

 

心療内科や精神科ではカウンセリングを行っていません。

 

ゆっくりと話を聞いて欲しい時は、臨床心理士によるカウンセリングを受けましょう。

 

ただし、臨床心理士は国家資格ではなく医療行為には該当しないため、保険の適応はありません。

 

子育てに疲れてきたと思ったら、適度なストレス発散を心がけて育児ノイローゼになる前に、対処しなければならないと思います。

 

子育てをしている人だけが大変な思いをしないように周りの人も協力してあげることも大事だと思いますね。

 

子育てを完璧にこなしている親はどこにも居ません。

 

自分自身を大事にすることも立派な子育ての一貫だと思います。