子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子供のしつけの歴史

 

子供を持つ親なら小さい時から子供のしつけには関心があるのではないでしょうか?

 

子供のしつけは今に始まったものではありませんね。

 

子供のしつけにも歴史があると思います。

 

自分の子供の頃を振り返ってみるとわかるのではないでしょうか?

 

小さい子供の頃のしつけは今もきっと身についていると思います。

 

昔から「人に何かをしてもらったらありがとうというのよ」、「悪いことをしたらごめんなさいというのよ」と人間として最低限のマナーは今も昔も変わらない歴史だと思います。

 

昔は箸の持ち方なども、うるさく直された覚えがありますが、最近はエンピツの持ち方や箸の持ち方も正しくない親子さんが増えてきているように思います。

 

少子化でお年寄りと同居の家族が減り親は働きに出ているなど、カギっ子が増えたのもかかわりがあるかもしれませんね。

 

近所との付き合いも少なくなり大人がよその子供を注意するなど、みんなでしつけをする事がなくなってきたように思います。

 

こんにちは、さようならなどの挨拶も出来ない子供、自分だけがよければいいと周りのことを考えた行動が出来ない子供が増えてきているのも事実です。

 

親が過保護、過干渉で子供のしつけに熱心でない場合もあります。

 

しつけには歴史があり子供のしつけはその時だけのものではなく、大人になってからも大事なマナーの一つです。

 

その子供がまた自分の家庭を持ち子供を持ったときに子供のしつけをしていく事を考えると、子供のしつけは大人の責任じゃないでしょうか。