子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てとお受験

 

一般的に子供のお受験は、幼稚園や保育園の入園や小学校、中学校の入学試験になりますね。

 

私立の中高一貫校の受験が厳しい中学校受験をさせるより、小学校受験をさせたい親御さんが多いようですね。

 

首都圏に住んでいる親御さんの中には、子供のお受験で悩んでいる人もたくさんいますね。

 

子供にとっても親にとってもお受験は大変です。

 

志望校に入れるために親子で頑張るのが、お受験じゃないでしょうか?

 

お受験は経済的に余裕がないとできないと思います。

 

通常小学校のお受験にかかる費用は以下の通りです。

 

塾代年間:約80万円
模試・教材費:約15万円
親子の洋服代:約25万円
願書用の写真代:約10万円
受験料:約10万円(複数受験する場合)
諸経費(交通費など):約20万円
計:約160万円

 

その他、カバン代、美容代なども必要になりますね。

 

東京でお受験が盛んな地域は、港区、品川区、渋谷区、目黒区だそうです。

 

最近では豊洲、勝どきの新興高層マンションに住んでいる人も増えてきています。

 

お受験の面接では見た目の第一印象も大切ですね。

 

「マムエモア」というお受験服専門店もあります。

 

お受験ママに人気のある子供の洋服メーカーは、「ファミリア」だそうです。

 

また、「(株)物書き屋」という願書代行サービスもあるそうです。

 

各学校の情報をもとに電話などでインタビューをしたり、合格の目安に合わせた志望動機を代筆してくれるそうです。

 

値段は1枚につき20,000円だそうです。

 

依頼は5年前に比べて6倍に需要が伸びているそうです。

 

志望校を受けるために学区内に住民票を移すママもいるそうです。

 

小学校受験は、友だちとの接し方やマナー、季節の行事、四季の自然、数の概念など幅広い分野の知識を問う問題が出題されます。

 

お受験は日頃の家庭生活で身につけていくのが一番だと思います。

 

本の問題だけで受験対策をしている子供は、実際に違う事を質問されたりすると分からないといった事が多いそうです。

 

マニュアル通りの子供は面接の時にすぐにわかるそうです。

 

子供らしい回答が出来て、子供の素晴らしい感性が出せる方が大事だと思います。

 

例えば子供と買い物など一緒に行って、親子の会話でどんな事を話しているかが大事だと思います。

 

よくお受験では知識問題として野菜などの問題が出るそうですが、正確に野菜の名前が言えるかを質問しているのではないです。

 

買い物へ行きピーマンは緑色だけではないですよね。

 

黄色や赤のパプリカだってピーマンです。

 

スイカは果物ではなく野菜ですよね。

 

イチゴよりビタミンCが多い果物だってあります。

 

そんな親子の会話からの豊富な知識がお受験には大事だと思います。

 

野菜炒めは何から炒めるのか?

 

作っているところを見て知らないと答えられませんね。

 

答えは一つだけではなくていいと思います。

 

電話を受け継いでもらうのも挨拶や大人の人との会話が身につくと思います。

 

おやつを分ける時にはお皿を出して同じに分けるようにさせたり、一緒に絵を色んな方向から描いてみるとか、子育ての中で経験したり、体験していく方が子供にとってわかりやすいと思いますよ。

 

ただし、小学校受験のコツなどは、やはり専門的に学べる幼児教室や塾などに通った方がいいでしょう。

 

期間は年中の頃から1年間かけて通う場合が多いと言われています。

 

幼児教室の費用は、月に約10〜15万ほどが相場になります。

 

小学校受験の数ヶ月前から、模試を行うことがあります。

 

模試をすることで、小学校受験のリハーサルをすることができます。

 

また、子供の学習レベルも知ることができるので、小学校受験をするにあたり、有効になります。

 

1回の模試の費用は、平均1〜2万円かかります。

 

少ない人で3回ほど、多い人で10回ほど受けるようです。

 

小学校受験をする多くのご家庭が幼児教室に通っています。

 

他の教室を掛け持ちすることも多いようです。

 

お受験をするにあたっては、塾や模試、受験費など、多くの費用がかかります。

 

たくさんの費用がかかることは、お受験のデメリットとしてよく挙げられていますが、やり方によっては、最小限に止めることも可能です。

 

子供のお受験をするかしないか迷った時は、3つのポイントがあります。

 

1.本当にお受験が必要なのかじっくりと考える。

 

2.一部のお受験情報に惑わされない。

 

3.お受験は長い目で見る。

 

お受験しなかったり、お受験に失敗したからといって、子供の人生が終わるわけではありません。

 

家族でよく話し合い、ベストな方法を選択しましょう。