子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てと就職

 

子育てがだいたい一段落した母親の中で、就職や再就職を考えている人が多くなっています。

 

結婚や出産で仕事を辞め、家庭に入ったとしても、子育てが落ち着くと、子供の教育費や老後の生活ために安定して稼げる仕事に就きたいと思いますよね。

 

前職に近い仕事や資格などを取得して、即戦力となり、やりがいを感じたい方も多いのではないでしょうか。

 

ある調査によると20歳〜54歳の子育て中の母親で仕事をしている人は52%でした。

 

20歳〜54歳の女性全体の就業率が71.8%であるのに比べると、子育中の女性の就業率は約半数となり低くなります。

 

雇用形態は62%がパート・アルバイトでした。

 

正社員は8%で契約社員は6%でした。

 

子育て中の母親の就業率が低い理由は次のようなことが考えられます。

 

●子供の事情で早退、遅刻、欠勤する可能性がある。

 

●仕事をしていない期間が長い。

 

●子供の預け先が確保できない。

 

家事や子育てとの両立を考えてパートやアルバイトを選ぶママが多いですね。

 

正社員や契約社員などを目指して就職をする事は簡単なことではありません。

 

働き先での理解や家族の協力も子育てしながら働く重要なポイントになると思います。

 

特に子供が小さなうちは手がかかるので、子供が中学生以上でないと採用されないこともあります。

 

現在、私は子育て中で働いてはいないのですが、働きたいと思ったことは何度もありますね。

 

まずは自分が就職をするとしたらどんな事が出来て、どんな内容で働けるのかをはっきりさせてから就職先を探すのが一番初めの行動だと感じましたね。

 

就職するには子供を預ける場所や時間、就職先での理解など、子育て支援や子育てサポートの協力なしでは安心して働くことは出来ませんね。

 

就職後、子供の急な病気や家族の病気で仕事を休まなければならない場合や学校行事で仕事を休みたい場合など、子育てをしていれば一度や二度は経験すると思います。

 

職場自体が子育てと就職の両立を理解していない場合は働くのは難しいですね。

 

また保育園など延長保育があるところが近くにあるとは限りません。

 

働き先の就労時間の短縮ができるかも重要になってきます。

 

子育ては立派な仕事だと思います。

 

でも子育以外に生きがいをみいだし、いきいきとした生活を送れることはとても素敵なことだと思います。

 

現在、子育て女性の就職や再就職を後押しするべく、政策や取り組みがいくつかあります。

 

◆安倍政権が推進する「働き方改革」

 

政府は専業主婦向けに実施される「リカレント教育」に注目しています。

 

リカレント教育とは、一度社会に出た後も教育機関等で改めて教育を受けることができる生涯学習の制度の一つです。

 

この制度を導入している日本女子大学によれば、全入学者の平均年齢は38.9歳で、なんと受講時はその43.5%が主婦です。

 

教育課程の中で、再就職の支援があり、就職率は高く、採用側からも好評とのこと。

 

安倍首相はこの教育への補助金や、それを受給できる期間を延長する等の取り組みを検討しています。

 

◆中小企業新戦力発掘プロジェクト

 

主に子育て中の女性を対象に、助成金を受けながら、中小企業等でのインターンシップを実施。

 

ブランクを埋めるとともに、再就職のサポートも受けることができます。

 

◆少子高齢化社会に向けた対策

 

将来の労働者不足を見据えて、女性の就業促進を目的とする「女性活躍推進法」が2016年4月に施行されました。

 

これにより、短時間勤務制度の導入や、非正規から正規雇用への転換等にも積極的に取り組む企業が増えることが予想されます。

 

比較的採用の多いパートや派遣社員等から始めて、正社員へのステップアップを目指すのも一つの方法です。

 

子どもの預け先の確保やブランク等の問題を解決できるのであれば、積極的に理想の仕事探しに取り掛かりましょう。

 

その他にも子育て重視の働き方として「テレワーク」があります。

 

テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

 

これは少子高齢化対策やワークライフバランスの実現のために国が推進しているもので、子育て中の女性にとってはまさに理想の働き方と言っていいでしょう。

 

ママに働く意欲があるのに、仕事が出来ない最大の理由は、家事や子育てとの両立ができないというものです。

 

そのような悩みを解消できるのがテレワークです。

 

誰に迷惑をかけることなく、在宅で育児や家事の合間に仕事ができるので、子育て中のママでも大丈夫です。

 

また、専門的なスキルを磨けば、求人の枠も広がる上に、子育てが一段落した後、再就職先を見つける際にも大きな武器になります。

 

テレワークを取り入れている企業はIT系に多く、プログラミング等を学べば数多くの企業から引く手あまたの存在になれることも可能です。

 

子育て中だからといって決して不利な立場にはなりませんよ。

 

もし、子育てをしながらそういった勉強を始めるのであれば、自宅で受講が可能、そのうえ転職や復職支援のサービスまで行ってくれる講座を選ぶと心強い味方になりますよ!

 

オススメの講座は、「WebCamp」になります。

 

育休中にスキルを身に付けたい方や、Webデザイナーとして在宅ワークを目指す方など、 仕事も家庭も両立したい20〜40代の主婦やママさんが参加されています。

 

専業主婦、育休中の会社員の方、事務や経理担当の方、 茶道教室やダンス教室の先生など、様々な方が参加しています。

 

特徴としては、「集団講義でママ友ができる」といった点です。

 

また、パソコンを普段触らない方でも、1ヶ月後にはオリジナルWebサイトを制作して卒業されていきます。

 

どこよりも高い「継続率」、「修了率」、「卒業率」で、実践形式、多くのサポート によって、受講者満足度も90%以上です。

 

月々5,600円から受講可能です。

 

ママ友割引、紹介割引10%OFFもあります。

 

まずは無料相談に申し込んで詳しい話を聞いて下さいね。

 

主婦・ママ限定のWebデザインコース【WebCamp】の
無料相談のお申し込みはコチラ!