子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てと住宅

 

子育てを始めた家庭の親御さんは、今後の住宅の事を考えたことがある人は多いと思います。

 

子育てを始めれば、子供が大きくなるにつれて保育園や幼稚園、小学校、中学校に通うようになりますよね。

 

今の住宅から学校などの施設は近いにこしたことありませんね。

 

また学校の次に病院だと思います。

 

子供や自分が病気で具合の悪い時に、少しでも近くに病院があれば楽ですよね。

 

特に小児科や内科が近くにあると嬉しいですね。

 

また、毎日の生活の中での買い物なども重要ですね。

 

誰もが運転免許を持っていて、車を持っているとは限りませんよね。

 

私は車の免許は持っていますが、自転車での行動範囲になるので、近くに買い物する場所があるかどうかは重要なポイントでした。

 

夫婦二人から子供と一緒の生活が始まれば、収納スペースも必要になってきます。

 

小さい子供のものは意外に多いものです。

 

肌着、オムツ、タオル、服、小物、おもちゃなどざっと挙げてみてもコレだけは必要ですね。

 

寝室や居間など普段生活時間の長い場所に収納スペースがたくさんあると便利だと思います。

 

玄関収納は、ベビーカーや泥の付いたおもちゃなど、室内に入れたくない物を収納するのに必要です。

 

幼児期から自分の物を自分で管理することも子供の成長に不可欠です。

 

リビングに子供が自分で出し入れしやすい収納があると便利です。

 

小さな子供はリビングにいることが多いですね。

 

できればリビングやその近くに散らかしてもいいスペースがあると、そこは子供の自主性に任せられ、子供の創造力が伸びます。

 

さらに、いちいち「片付けなさい」と言う親のストレスも減りますよ。

 

子供が小学生くらいになると自立心を養うために子供部屋は必要です。

 

ただし、子供の発育段階に合わせて、部屋も変化できると理想的です。

 

例えば間仕切りになる収納を利用して2人1部屋から1人1部屋に変えたり、子供部屋の位置を小学生まではリビング横、思春期になったら独立感のある部屋するなどと変える方法もありますね。

 

広いキッチンは調理スペースが確保できて、子供もお手伝いがしやすいね。

 

対面キッチンだと、子供の姿を見守りながら料理できるので便利です。

 

洗濯物を「干す・たたむ・しまう」という作業が1ヶ所でできる洗濯室は大家族にオススメです。

 

また子育てをする住宅でポイントになるのが静かな環境だと思います。

 

赤ちゃんのうちは睡眠がほとんどですよね。

 

住宅の間取りなども重要になってきます。

 

小さな子供は、大人の生活音が聞こえにくい部屋に寝かせることも大事ではないでしょうか。

 

子供の騒ぎ声や足音などが気になるようでしたら、やはり一戸建てがいいですね。

 

庭があれば遊び方も広がりますね。

 

植物が育つ過程や食べ物の大切さを教えることができる家庭菜園などもできますね。

 

コンテナを使えば狭くても大丈夫です。

 

新築一戸建ての分譲地なら、子育て世帯の家族が多く、同時入居なので親も子も友達ができやすいといった利点もあります。

 

マンションなどでも1階住戸や、エントランスなど共用スペースの上にある住戸なら大丈夫です。

 

マンションでもスロップシンク付きのバルコニーなら水遊びや家庭菜園もしやすいですよ。

 

今はマンションなどに保育所やキッズルームなど共有施設が入っている住宅もあるそうです。

 

子育てをする親御さんには、とても嬉しい施設ではないでしょうか。

 

子育て中は、何かと親に頼ることが多いのではないでしょうか。

 

奥さんが手伝いを頼みやすいので、特に奥さんの実家の近くに住む人が多いそうです。

 

各市区町村では子育てに配慮した住宅として優良賃貸物件を供給していることころもあります。

 

家賃助成があったり、敷金ゼロだったりといった特典もあります。

 

公共施設、学校、病院、商業施設などほとんどが徒歩圏内のこともあり、子育て世帯には住みやすい住宅環境ですね。

 

子育てのイライラを減らすためにも住宅選びは重要なので、じっくりと内覧をしてよく考えてから決めましょう。