子育ての悩み解消|経験者が語る極秘子育て術

子供が勉強を全然しない・・・

勉強をやっても成績が伸びない・・・

親の注意を聞かない・・・

こんな状況に諦めていませんか?


実はある「親技」を身につけるだけで、
お子さんは楽しく勉強してグングン成績を上げていくことができるのです。



【お子さんに英語を学ばせたい親御さんへ】


【在宅で仕事ができるスキルを身に付けたいママへ】


【業界最安値の家事代行サービス(お試しあり!)】


子育てのサポート

 

あなたは「子育て援助活動支援事業(ファミリー・サポート・センター事業」を耳にしたことがありますか?

 

これは厚生労働省が行っている取り組みの一つで、地域で子育てをしている家族や親御さんを支援する事業なんですね。

 

子育てを手伝って欲しい人と子育てに協力してくれる人が会員になり、子育て中の家庭を応援する支援システムです。

 

子育てサポートを受けられる家庭は0歳から小学校6年生までの子供を持つ家庭です。

 

保育園や幼稚園、一時保育や学校が終わった後の託児所、児童館、親が病気などの時に子供を預けたい場合や、病院や結婚式やお葬式、親自身の気分転換など、人それぞれの理由で利用する事ができます。

 

お子さんを預けるため、会員は安全・事故対策も含めた援助活動に必要な講習を受けています。

 

また、会員同士、活動の前に顔合わせすることになっています。

 

料金は市区町村ごとに異なります。

 

また、時間帯や内容によって金額が異なります。

 

万が一の事故に備えて補償保険に加入しています。

 

会員の登録や具体的な援助の内容については、各実施市区町村へ直接お問い合わせ下さい。

 

ファミリー・サポート・センターは、次の業務を行います。

 

・会員の募集、登録、その他の会員組織業務。

 

・会員同士の相互援助活動の調整。

 

・会員に対して活動に必要な知識を提供する講習会の開催。

 

・会員同士の交流と情報交換のための交流会の開催。

 

・保育所や医療機関など子育て支援関連施設、事業との連絡調整。

 

<ファミリー・サポート・センターの利用方法>

 

1.会員登録

 

お住まいの各市区町村のセンターに登録します。

 

※会員数(平成28年度末現在)

 

・依頼会員(援助を受けたい会員):55万人
・提供会員(援助を行いたい会員):13万人

 

2.援助活動の依頼・実施

 

アドバイザーが依頼会員と提供会員の仲介・紹介をします。

 

3.活動後

 

料金の支払い、活動報告書の作成。

 

※一部の市区町村では、病児、病後児の預かりや早朝・夜間などの緊急時の預かりなどを実施しています。

 

また、保育園などでは子育てサポートの一環として、それぞれの保育園で
開放時間を決めて自由に小さな子供を持つ保護者の子育て情報交換の場所や
コミュニケーションの場として提供しています。

 

私も近所の保育園の子育てサポートを利用していますよ。

 

同じ年齢の子供や歳上の子供と遊ぶことは、子供にとっても大事な勉強ではないでしょうか?

 

また図書館などで子育てサポートとして読み聞かせや、小さい子供を対象にした遊びもありますね。

 

今の子供はゲームで遊ぶので本を読む機会が少ないそうです。

 

小さい頃から本の面白さを経験させることは想像力を養い、感情や自分で考える力もつくと思いますね。

 

子育てサークルなど同じ年齢の子供を持つ親子の集いもあります。

 

同じ年齢の親子だから悩みやアドバイスも役に立つと思います。